おもしろ接続詞

 

 

こんにちは、JEEPA認定英会話コーチの名嘉山梨恵です。

 

 

スラスラ言いたいことが口から出てくる!

 

そのコツの一つに「接続詞」を自由に使えることが挙げられるでしょう。

 

話すとき意識してはいませんが私たちも接続詞をよく使っています。

 

英語でも、接続詞を知ると、会話の中で普段良く使われているのが分かりますし、

短いフレーズを接続詞で繋げて話せば、ネイティブっぽくかっこよく聞こえます。^^

 

 

接続詞は、ザラっと並べてみると以下のように42個。

「あ、こんなものか~?」と思えますね。

 

After Also Although And As Because Before But Considering Directly Except

For However If Immediately Lest Like Nor Now Notwithstanding Once Only

Or Plus Providing Save Since So Than That Though Till Unless Until When

Whenever Where Whereas Wherever Whether While Without Yet

 

今日はこの中から少し、面白い接続詞の表現を例に挙げて、並べてみたいと思います。

 

では早速、

 

For ★★☆

理由の「〜だから」という意味で使います。

例文:He is angry, for I am late.
和訳:私が遅れているから、彼は怒っています。

 

 

However ★★☆

「どんな方法でも」という意味で使います。

例文:He can play the game however he likes.
和訳:彼はそのゲームを彼が好きなようにどんな方法ででもやっていいです。

but」より形式ばってフォーマル的な使い方です。強調する時にも使えます。

 

If もし〜ならば

「もし〜ならば」とう意味で使います。

例文:If you tell me the truth, I will listen.
和訳:もしあなたが真実を話してくれるなら、聞きましょう。

※「even if~」という形で「たとえ~でも」という使い方もします。

 

これは余談ですが、昨日私もネイティブの子との会話の中で、”If ~、I’m in.”を一緒に使って話しているのを聞きました。"I’m in"は、「私もやる」とかいう意味ですが、ネイティブの一言って感じですよね。それをIfの条件を出す表現と一緒に言っていました。

 

この"I'm in." も聞き慣れないな、と思う方の為に、

I’m in 意味

I’m in とは 参加するよ;私もやります;私も入れてという意味で、自分も「仲間に入る」というニュアンスがあります。

使い方

話題に上っていることに、自分も参加したいという意向を表明するときに使います。

 

これと反対に、

I’m out 意味

I’m out とは「私はやめとく」とう逆の意味になります。

 

I’m in/I’m out 例文

A: I’m going ski diving on Saturday. Wanna come?
B: I’m in!
A: It’ll cost ya $400
B: $400!? I’m out.

A: 土曜日にスカイダイビングに行くけど、来る?
B: 行く行く。
A: $400 かかるぞ。
B: $400!? じゃあ、やめとく。

 

面白いですよね!!

 

続いて接続詞をもう少し、どうぞ。

 

If 〜かどうか

「〜かどうか」という意味で使います。

例文:I don’t know if he knows me.
和訳:彼が私のことをしっているかどうか分かりません。

この場合の「if」と「whether」の違いは、「if」がよりカジュアルだと思って下さい。

 

Lest ★☆☆

「〜しないように」という意味で使います。

例文:I must study now lest I (should) fail the exam.
和訳:試験に落ちないように、今勉強しなかればならない。

 

 

Now ★★☆

「〜であるからには」という意味で使います。

例文:Now you are here, let’s play.
和訳:あなたがここにいるのだから、さあ、遊びましょう!

 

Notwithstanding ★☆☆

「〜だけれど」という意味で使います。

例文:She refused the offer, notwithstanding (that) the pay is very good.
和訳:給料はとてもいいけれど、彼女は申し出を断りました。

 

Unless ★★☆

「もし〜でなければ」という意味で使います。

例文:You’ll never know the detail unless you work harder.
和訳:もっと真剣にしなければ、詳細を分かることはないでしょう。

 

Where ★★★

「〜のところへ」という意味で使います。

例文:He showed me where he works.
和訳:彼は彼が働くところへ案内してくれた。

 

Whereas ★★☆

「〜であるが-」という意味で使います。

例文:Many people like A, whereas some prefer B.
和訳:多くの人はAが好きだがBを好む人もいます。

 

 どうでしたか?