ハワイ、英会話

 

「JEEPA認定英会話コーチ」の後藤和美です。

毎週月曜日のブログを担当しています。

今日は、私がハワイに住んでいる時に、

とてもよくしてくれた

私の「英語の師匠」とも呼ぶべき人の「教え」を皆さまにお伝えしたいと思います。

私に学ぶ場を与えてくれた恩人

私には、「英語の師匠」と呼ぶべき人がいます。

ドナというドイツ系アメリカ人の女性です。

アメリカという国には、たくさんの人種が住んでおり、

第2外国語として英語を使う人たちが

英語を学ぶためのプログラムが、いたるところに用意されています。(ESLと呼ばれます)

 

週に一回、日本でいう公民館のようなところで、

開催しているESLクラスを担当していたのが、ドナでした。

先ほども書きましたが、

アメリカには多くのESLプログラムが存在し、

居住者は、無料または、格安で受けられるように設定されています。

しかしながら、

私には当時1歳にもならない息子がいました

海外のため、家族もおらず、

預け先がない私は、

英語を学びに行きたくても、できない状況に置かれていました。

 

思い切って、事務に問い合わせに行った時、

ドナがちょうど通りかかり、

「大丈夫よ。私のクラスメイトの中で一番小さな生徒さんね・・。」

さらりと、私が長男と一緒にクラスに参加することを受け入れてくれました。

クラスメイトも

「協力できることはするから、遠慮なく言ってよ!!」

と・・

あの日のあの瞬間を思い出すと

今でも、涙が出そうになります。

 

子どもをあやしながら、おんぶで寝かせつけながら、

週一回のクラスが始まりました。

私にとって唯一の学びの場でした。

2人目の妊娠、出産・・その時・・

二人目の妊娠がわかったあとも、足を運び続けていました。

ですが、徐々に長男が成長ともに動き回るようになったことで、

授業への参加が難しくなってきました。

 

参加ができなくなった後

生活の中で、英語で言いたかったけど言えなかったことを書き留め、

英語にしてメールで送り、

ドナに添削してもらう日々が続いていました。

 

ある日、「和美はどんなことが学びたいの?」と聞かれ、

彼女に伝えると

ドナが、オリジナルのLessonを作って、

毎週、送ってくれるようになりました。

 

オリジナルレッスンの内容

彼女は、私の生活の中に存在する場面を切り取り、

 

・ものが壊れた時の修理屋でのやり取り

・料理

・子どもとの手遊び歌・・・

 

などを課題の中に取り入れてくれました。

 

その際に覚えた歌

”If you are happy ,crap your hand”や ”incy wincy spider”などは、

今も子どもたちとの遊びの中で取り入れています。

 

その頃から、息子は英語をどんどん好きになり、吸収していきました。

また、自然と私たちが家庭内で英語を使う機会も増えていきました。

 

課題で出してもらった料理のフレーズは、

今の生活の中で、

子ども達にお手伝いをしてもらう料理をする時に・・

また、感情の表現のフレーズは

親子でその時の気持ちを表現しあうことにに役に立っています。

 

「これは、私のチャレンジ。とても楽しい時間なのよ。」

私がより、深く、楽しく学べるようにサポートをしてくれた彼女の深い愛情には、

今でも感謝の気持ちしかありません。

 

私もクライアントさんにとって、ドナのような存在でいたい。

「相手の可能性を信じ、あったかく、的確にサポートをできる」存在でいたい

と思っています。

日常に近いところから始めてみよう!!

何か習得したい言語がある時、(これを読んでいるみなさんの場合は英語)

生活の中をその言語で置き換えてみると、

自然と触れる機会が増え、

苦痛なく、身につけることができます。

 

自分の生活を振り返り、

日常でもっとも繰り返される場面から初めてみませんか。

その場面に直面した時、

毎回、頭に思い浮かべてみる・・

できれば、独り言でも良いので口に出して言ってみる・・。

そこが自然に英語に置き換えられるようになれば、

別の場面にうつる・・

 

というように

力まずに、少しずつ、英語にできる場面を増やす感覚で取り組んでみると

いつの間にか、

自分の英語へ対する気持ちの壁も取り除かれていきます。

 

「英語が自分の中にしみこんでいく感覚」が得られたら

こっちのものです。

 

今日の記事が少しでも皆さまのお役に立ちますように・・。

感謝を込めて。

 

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

 

ブログに関する「ご感想・ご質問」、「個別コーチンング」に関するお問い合わせはこちらからお願いいたします。