カブトムシ、ライフサイクル、英語

 

「JEEPA認定英会話コーチ」の後藤和美です。

毎週月曜日のブログを担当させていただいております。

カブトムシブームを利用して英語の世界を広げよう

最近、我が家は「昆虫ブーム」

カブトムシの幼虫2匹を譲っていただき、大切に育ててきました。

そんな幼虫たちも

5月にさなぎになり、

先日、とうとう無事に成虫になりました!!

私自身、このような経験は初めてで、

知識として知っていたものの、

幼虫って本当にさなぎになるのか〜〜!!

と・・驚きと感動の日々です。

前回の記事で、ハワイの英語の師匠に教わった

自分の生活の一部をを英語に置き換えていくことの効果についてお伝えしたので、

「カブトムシ」のライフサイクルに関する英語表現について書きたいと思います。

カブトムシって英語でなんと呼ぶの?

カブトムシといえば、「beetle」と思いがちですが、

実は、違いました。。

 

「beetle」とは、甲虫全般のことをさすそうで・・

私たちがよく目にするカブトムシは、「Japanese rhinoceros beetle」というそうです。

 

「rhinoceros」は動物のサイを意味します。日本のカブトムシの角がサイの角に似ていることから、その名がついている・・とのことです。

 

また、 rhinoceros の略であるRhino を使い、Rhino beetle とも呼ばれるようです。

 

なるほど・・。

The life cycle of the rhino beetle

カブトムシは、「卵」から「幼虫」、「蛹」を経て「成虫」になります。

それぞれの単語を英語でどのように表現するのでしょうか

Rhino beetle Life cycle

Diagram showing life cycle of darkling beetle illustration

 

egg(卵)

⇒larva(幼虫)

⇒pupa, chrysalis(さなぎ)

⇒adult(成虫)

※ ここではカブトムシなのでadult beetle

写真の出典先はこちら

とてもわかりやすい英語やすく、昆虫のライフサイクル(Insect of Life cycle)を詳しく説明している動画を見つけました。

 

実際に文章にすると・・下のようにと表現できます。

昆虫の幼虫が蛹になる

→A larva becomes a pupa.

蛹が成虫になる
→A pupa becomes an adult insect.
単純に成虫になったことを言いたい時は、
かぶとむしが成虫になった
→The rhino beetle has become an adult.
→Japanese rhinoceros beetle has grown up to be an adult.

pupa vs chrysalis

ここで、pupa と chrysalisの使い分けが気になったので、調べてみました。

こちらのページでは、英語で説明されているので、

言葉の使い方、言い換え方もわかり、オススメです。

 

ついでに、coconの定義もわかり、さらに理解を深められます。

 

ざっくりな理解としては

1. pupa
昆虫全般のさなぎの状態をさす

2. chrysalis
主に、蝶や蛾のさなぎをさす

3. cocoon

繭など、蛹を覆う周囲の殻をさす

 

ということのようです。

 

気軽にやってみよう

いかがでしたか?

日常の一コマも、少しずつ深掘りすると、面白いですよね。

こんな風に、関心を持って

「へ〜、そうなんだ」と得た知識って、結構覚えているものです。

昆虫がテーマなので・・

子ども向けの話になるのかと思いきや

言葉の違いを細かに見たり、

海外の人向けに、作れられたサイトを見ると、

大人にとっても新鮮で勉強になります。

 

遊びのように、気軽に取り組んでみてくださいね。

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

ブログに関する「ご感想・ご質問」、「個別コーチンング」に関するお問い合わせはこちらからお願いいたします。