消える音

みなさん、こんにちは。

JEEPA認定英会話コーチ、金曜日のブログ担当、三谷もも子です。

今日のテーマは、「英語の音」についてです。

弱形と強形

英語の発音には、2種類の読み方「弱形と強形」がある単語があることをご存知ですか?

実は私、割と最近まで知らなかった(気づいていなかった?)のですf(^_^;

辞書にも書いてあるんです。よーく見てみて下さいね。

ちゃんと発音表記に(弱)と(強)それぞれの発音記号の記載があリます。

 

例えば、him(彼の)

 

え?「ɪm」ってどういうこと?「イム?」

 

はい、そうですね。Hが消えちゃっています。

学校では、教えてくれなかったような気が。。

英語を聞いてると、himher、どっちだか聞き取りづらいなぁ思うことありませんか?

聞き取りづらくて当然。その音、「短く」そして「弱く」なっちゃっているんです。

 

ちなみにher(彼女の)

ər?「ァー」え?

 

聞き取りにくいのは、気のせいではなかったのです!

文章で見てみましょう

Please tell her.

Please tell (h)er.  「プリーズ テラ」みたいに聞こえます。

テル・ァーでもなく、テラです(笑)

 

Call him back.

Call (h)im back.  こちらは、「コリンバッ」

同じく、コール・イムでもなくコリンと短く繋がります。

他にもまだまだ消えちゃいます

他に消える音として有名なところでは。。

I wan(t t)o go. 「アイワナゴ」

 

Gi(ve) me that. 「ギミザ」

 

Check it out. 「チェケラ」(「チェキダッ」の方が音が近いかな?)

 

このような代表的な消える音を知っておくことで、

「もしかしたら、消えているんじゃないかな?」

「私が聞こえてないだけじゃないんじゃないかな?」

と、予測をつけることが出来るようになりますね。

新しく消えちゃっている音に出会ったら、(正確に言うと聞き取れなかったらですかね)

聞き返せる相手だったなら、是非聞き返しましょう。

「へー」って思って、そして発音してみてから、頭の片隅にしまいましょう。

段々と音が消えていても聞き取れるようになっていきます。

 

Thank you for seeing my page.

Have a nice day ❣️

Momoko Mitani