Healthy Cuisine Your Family Will Love 

こんにちは!

JEEPA認定英会話コーチの名嘉山梨恵(なかやまりえ)です。

皆さんお元気ですか?

 

私は先週に「コーチングを受けて下さっている方が、新たなチャレンジをする」という報告をこの場でさせて頂きました。

 

40才、女性の方で2児のママさんですが、ある子育て支援センターで、英語の苦手なママさんたちの為に

「とっつきにくい!」の印象をなくす為のきっかけづくりという事で講座を持ちました。そして、大成功だったように伝わってきました(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

講座をする前に話してくださり、進行予定の内容は、

1.最初に導入として、英語で歌を歌って聞いてもらう。

2.とっても簡単な、英語の絵本を読み聞かせする。デモンストレーションとして、こんな簡単なものでまずは良いんだと気づいてもらうため。

3.全体の半分の時間、後半はフリーに話してもらって聞く。

と言うものでした。

 

コーチングを受け始めた当時は、ほんとに「自信がない、自信がない」の言葉が出てくることが多かったのに、

今ではそんなことも忘れて、こんなに堂々と、周りの人の為に取り組む姿に、圧巻。

 

報告は、ご本人もワクワクしたとの事(ヤッター!^C^)、

また,「ゆっくりゆっくり回数を重ねて行けば、よくなりそうです~(^^)また参加したいといってくれました。」

と伝えて来て下さいました!

 

そして最近は、私事ですが、

こちら韓国でお友達になった方が、なんと糖尿病になったとか、である、とか。。!!

この方も40才の女性で3児の子育て中の方です。

 

毎朝血糖値を計って、自分で注射を打つという話がショッキングでした。涙。

 

つらいだろうな~と思い、なんだか気になるのですが、

健康食を食べてね!と言ったり、ご本人が運動をするサークルに入ったというのを聞いて喜んだりの私です。

 

それで、

こーんな本を読んでいます。

 

やっぱりユーモアのあるこの感じが面白く、大好きですよ!!

 

これは、Diabities(糖尿病)の方にも良い食事、として提案されている健康によいレシピを紹介している本ですが、

ある楽しい件(くだり)を今日はご一緒に読んで行きたいと思います。

 

7Secrets Cookbook  Neva & Jim Brackett

Healthy Cuisine Your Family Will Love

と題されています。

 

これは、「ななつの秘密の料理の本」、と言う意味ですね~。

ネバ & ジム ブラケットさんが書かれた本で、

次に「家族が喜ぶ健康的な食事」、とでも訳しましょうか、

 

Cuisineは料理、とか、料理法と言う事なんですが、

「健康料理」と訳したい方はそれでもいいと思いますし、

私の様にちょっと変えて訳しても日本人に印象が伝わりやすいかと思います。

 

また、 「Your Family Will Love」の部分は、

「あなたの家族が、『大好きであろう』」と言うLove=愛する、大好き、とても好む、といったニュアンスなんですが、

 

日本語ネイティブにしっくりくるように、「家族がよろこぶ」と言ってもいいですね。

 

そして背表紙に、こんなことが書かれていました。

REVERSE DIABETES

Recover from diabetes or significantly reverse the damage diabetes has caused.

 

reverseって「逆に進む」と言う意味ですよね。

糖尿病の進行と逆方向に歩いていく(進んでいく)そうですよ!

 

その下の、Recover は、「回復する」、つまり、治る、と言う意味に捉えていいですね。

そして、fromで続く、「~から」。

 

すぐ後ろに、糖尿病と言う単語、来ていますね!

「diabetes」。

「Recover from diabetes」で「糖尿病からの回復」。すごいですね。

 

また、「or」で続けるのが、「または」、となります。

or significantly reverse the damage diabetes has caused.

 

これすぐに分かりますか?

顕著な逆戻り?ははは。

 

そうです、「significantly」が「はっきりと」とか、「著しく」とか言う意味ですね。

先程の reverse「逆に進む」と頭の中で併せてみて下さいますか?

 

はい、そうです!

その通り。

 

皆さんが考えて下さった通りなのですが、つまりは、

「進行を止める。逆行する。」と訳していいでしょうね。そういう事ですね。

 

「確実に改善していく」でどうですか?良さそうじゃありませんか?

 

そして、最後にOの目的語ですね。「なにを!」

それは、「the damage」です。^^

 

「the damage diabetes has caused.」

うしろから、糖尿病が、引き起こした、(または原因でなった)症状。

the damageは、ダメージ、損傷、害ですが、意味に会うように、日本語して入ってきやすいように、吟味して良いと思います。

 

つまり無理して訳さないで、英語のままで意味をとらえて、すっと入ってくるようにして良いと思うのですが、

日本語にするとすれば、

「Recover from diabetes or significantly reverse the damage diabetes has caused. 」

「糖尿病からの回復、また糖尿病が原因で起こった症状からの確かな改善。」とでも言うと、

ピンときていいですね!

 

さて、英文法の話になっちゃって、

本題に今から入る、と言う所なんですが、

 

長くて読む方が大変でしょうから、

もうこれはさらっと、お載せし致しますね。;D

 

この著者さんが食事改善の記事の初めに、以下にある風にアドバイスを書いてくださっているのです。

  1. Go slowly. Don't clear the meat, dairy, and oil out of your kitchen all at once. Add one new meal to your menu at a time. Soon it will become a family favorite.

「ゆっくり進めて下さい。お肉を今すぐ排除!はしないで下さい。また、乳製品、オイルもいっぺんに台所から無くそうとしないように!

(そうではなくて)、新しいメニューを1回の食事の時に取り入れる!

そしたら直ぐに家族みんなが好物料理と言う風になるりますよ~!」

 

こんな感じで訳はどうですか?

あなたにすっと入ってくるように訳す言葉のニュアンスは変えていいと思いますが、まあこんな意味ですよね。

 

そして、2番目、

2. Serve your first dish without fanfare. Don't announce, "This is healthy!" or "This is cashew cheese!" Cashew can never be cheese.

But that entree will be delicious because of the nuts, and they won't miss the cheese if you don't mention it.

「一番目のメニューをファンファーレなしでお出ししましょう! これが何って言わないで。

例えば、『健康に良いのよ!』とか、『これはカシューナッツチーズでーす!』とか発表したりしないで。

カシューナッツは結局チーズじゃないし、なり得ません。でも!エントリー(メイン料理)がそのナッツのおかげで美味しくなり、それで

言わなければチーズが欲しくならないという所なんです。」

 

と言ってます。

 

最後に、

3.Heart disease or diabetes can be dramatically reversed from many people.

If you or someone in your family has one of those conditions, you'll want to make changes more rapidly.

Go ahead! Get rid of the culprit foods and make a new shopping list based on this book. Just be sure you make change deliberately and steadily.

「心臓病や糖尿病は多くの人の場合、劇的に治ることが出来ます。

もし家族の中で誰かがかかっていたら、できるだけ早く改善すればと思いますよね。

やって下さい!その悪者を取り去って、食べ物ね、そして買い物リストを変身させましょう。この本の内容を踏まえてね。

慎重に、計画的に、そして着実に進めることには注意して。」

 

面白いですよね!?

 

もっといい訳があるかと思いますが、私はこんな感じで楽しみました。(^^)笑

 

こんな感じで役者になって、話してあげたら、

当事者も楽しくて食事変えてくれますよね!

 

私はこれも「愛のある思いやりのアプローチ法かなー」と思います。