英語の上達方法

Englishトレーナーのニノです。

 

前回は、毎日する英語の練習を、

当たり前にできそうなレベルまで少なくすることを

提案しました。

 

週末に3時間やるのではなく、

1分でも良いので、毎日英語の練習をする。

先ずは、毎日できるレベルまで、量を減らす。

 

いくら良い学習方法でも、

最後まで継続しないと、効果はでません。

 

一般的に、大人の学習のステップは、

1)頭で理解して、納得する

2)実際にやってみて、体験する

3)何回かやってみて、一回はできるようになる。

4)更に正しいやり方を繰り返して、定着させる。

が、必要だと言われてます。

 

子供は、1)の納得のステップなしでどんどん習得できますが、

大人の学習には、腹の底からの納得が有効です。

 

2)のやってみるは比較的できそうにですが、

実際には、なかなかできてない場合があります。

 

本に音読を5回やってくださいと書いてあっても、

1、2回で止めてしまう。

あるいは、黙読で分かった気になってしまう。

 

特に大人は、頭でこうやれば良いのかと理解すると満足して、

実際にはやらずに、やった気になる場合が多いです。

 

英語の教本を一冊読んでも、

良いことは書いてあるが、効果は感じられなかったで終わる。

必要な練習を実際にやらなければ、

どんな方法でも効果は出てきません。

 

練習は必要だと頭では理解しているあなたは、

本に5回と書いてあっても、

7回、10回とやって、なんとかできるかも知れません。

 

完璧でなくとも、

できなかったことができるようになったことは、

素晴らしいと思います。

めんどくさいことを繰り返してやった結果だと思います。

 

自分の変化も感じられるので、

達成感も感じることができると思います。

 

そして、これはできたからと思って、

次のことを始めて、そちらに夢中になる。

しばらく経つと、

前にできたと思っていたことが、正しくはできなくなっている。

 

前にやったや教本のやり方が良くなかったと思って、

別の方法にチャレンジする。

 

努力家のあなたが陥る、

努力はしているが上達しない無限ループです。

 

原因は明確です。

 

たまたま出来た状態で放置すると、

元の状態に自動的に戻ってしまうからです。

 

これを回避するには、

出来たことを更に反復して、定着させるプロセスに、

十分の期間をかけることです。

 

この定着のプロセスには、毎日の練習が有効です。

 

1の理解、納得には、

集中して自分の頭で考える時間があれば可能です。

 

2の体験と3の出来るようになるには、

何回かの試行錯誤の回数があれば可能です。

 

でも、3の定着には、

ある期間の反復が必要になります。

 

これを実現するのが、毎日の練習です。

 

ですから、

定着を実現する、毎日の英語練習の習慣を作り込むのが、

上達への近道になります。

 

 

教訓10

・英語のスキル定着には、毎日の練習習慣が必要だ。

 

アクション

・再度、毎日できる小さな英語練習の内容を見直す。