積み木遊び、英語

「JEEPA認定英会話コーチ」の後藤和美です。

毎週月曜日のブログを担当させていただいております。

 

我が家では、

日曜日にオンラインで

「積み木遊び」をするイベントに参加しました。

今日は、ブロック遊びでの英語のやり取りをテーマにしてみたいと思います。

 

さあ、積み木で遊ぼう!?

Let's play with blocks!!

Let's play with blocks.
積み木で遊ぼう。

Let's make a big mountain with these blocks.
積み木で大きなお山を作ろう。

私と子どもたちは積み木でのお山作りが大好きです。

そして、作ったお山にトンネルを作ること・・

それが、とても楽しくてはまっています。

崩れにくいお山を作るためには、

土台作りが大切です。

土台は、立方体、

周囲を固める時は直方体の積み木を使うといい

画面の向こうの先生からアドバイスをもらいました。

 

It is better to use cube blocks than rectangular ones.

直方体より、立方体のブロックをおいたほうがいいんじゃないかな。

Wow, it's a great mountain!!  Good job.

わあ、すごいお山だね。いいじゃん。

Can you push this block?
このブロック押せるかな。

Gently and・・・Slowly.
そっと、ゆっくりね。

 

積み木遊び

(実際の息子の作品)

You did it.
やったね。

You finally made a tunnel.

とうとうトンネルができたね^^^

 

Put this one on here .
この上に、これ積んで・・

積み木タワー

(実際の娘の作品)

It's so high.
高い高~い

 

Hey! It's gonna fall.
あっ、落っこちちゃう

積み木崩れる

You pushed it over.?

倒しちゃったの?

It's OK. We can make again.

大丈夫、また作れるよ。

 

案外いける気がしませんか?

少し勇気を出して、

実際の場面でアウトプットすると

頭の中に残りやすいだけでなく、

その周辺の眠っていたフレーズも「がぼっ」と出て来やすくなります(小池代表の受け売りです笑)。

 

自分の生活の中に近いことから、

英語化していくことが、上達の第一歩だと感じています。

お風呂に入るとき

手を洗うとき

折り紙するとき

私の日常にあるところから英語化してきたおかげで、会話が楽になったり、

日本語を介さずに考えることができるようになってきた実体験があります。

相手は子どもです。

しかも、身内です。

間違うことを恐れず、自分の知っているフレーズで口に出してみましょう。

「継続は力なり。」

その継続は、思わぬ場面で思わぬ瞬発力を発揮してくれることでしょう。

1つの文に含まれる単語の数を、

3つ、5つ、7つと増やしていくことを意識すると、

それが、上達の指標となり、上達を実感しやすくなります。

 

場面を限定し、指標を持ってトライしていると、

いつの間にか、その壁はなくなり、次の壁に進むことができるようになっていますよ。

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

ブログに関する「ご感想・ご質問」、「個別コーチンング」に関するお問い合わせはこちらからお願いいたします。

追記:

メルマガはじめました。

登録はこちらからお願いいたします。

Kohola English 後藤和美公式メルマガの購読申し込みはこちら