Change of Language, Change of Personality?

みなさん、こんにちは。

JEEPA認定英会話コーチ、三谷もも子、金曜日のブログを担当させていただいています。

今日は、使用言語による自身のもつパーソナリティーの変化についてです。

I saw a interest article on the website. 

先日、興味深い記事を読みました。

使用する言語によって、その人のパーソナリティーや物事に対する考え方が変化するという記事です。

アメリカの言語学者Susan Ervin-Tripp1927-2018)がサンフランシスコに住む

アメリカ人男性と結婚し渡米している女性たちへ行ったインタビュー結果を発表したものです。

インタビューを受ける女性たちは、日本語と英語どちらも堪能です。

両方の言語で同じ内容を語っていただいた場合、どちらの言語を使用しているかによって、

話しの内容が変わってくるというものです。

内容の一部をご紹介すると下記のような感じです。

“When my wishes conflict with my family . . .”
one participant’s Japanese ending was, “. . . it is a time of great unhappiness,”
whereas the English ending was, “. . . I do what I want.”

「私の希望と家族と対立したときに・・・」に続く言葉が、

日本語:「それはとても残念なことです。」

英語: 「私は、やりたいことをやります。」

 

確かに全然、パーソナリティが変化しちゃっている感じがしますね。

日本語の時には、やや客観的に物事を捉え、自己主張が弱い感じ。

英語の時には、主体的に自分のことを発信している感じがします。

(※しかし、英語での内容紹介であり研究結果発表なので、

インタビュー時のバイリンガルたちが語った日本語の内容を正しく拾えているのかのかやや気になりますがf(^_^;)

 

英語は、文の構成上、必ず主語が入り、結論から先に述べていく、論理的な言語です。

一方、我々の話す日本語は、主語は省かれることが多く、結論は最後に語られ、

どちらかというと情緒的な感じの言語です。

Take it personally.

自分ごとに落とし込んでみましょう。

「そろそろ夏休みだから、旅行の計画立てなくちゃね。」

 

 

日本語の場合は、主語が省略されていて主体が捉えにくいですね。

この場合、誰が旅行の計画を立てることを彼女は望んでいるのでしょうか?

それでは、英語に変換してみましょう。

"It will soon be summer vacation. I will make a travel plan."

この場合、計画を立てるのは、私。

 

 

でも話しかけているんだから、主語はYouかな?

"It will soon be summer vacation. You will make a travel plan."

でもこれじゃ、喧嘩になりそうですね。

 

どちらかと言うとWeの方がしっくりきますね。

"It will soon be summer vacation. We will make a travel plan."

 

 

いやむしろ、日本語のニュアンスから想像するとこんな感じでしょうか?

"It will soon be summer vacation. Could you make a travel plan?"

 

 

 

英語は、何にしても誰がどうしたいのかをはっきりさせないと文章が成り立ちません。

 

そのほかにも、バイリンガルに使用言語により自分のパーソナリティーに変化を感じているか

問うた記事や、ドイツ語と英語による物事の捉え方の違いなど、いろんな人が書いた記事がありました。

 

母語と違う言語を習得することによって、

いつもと違う自分を手に入れることが出来るなら,

それもまた楽しみですね❤️

 

あなたは、いつもと違うどんな自分になってみたいですか?

 

私は、もう少し「主語」をしっかり持った人になってみたいです。

"Love"は持っていますが、"I"が足りなく、ついWeで語ってしまう私です。

英語をもっと話せるようになったら、なれるかな?

 

Thank you for seeing my page.

Have a nice day ❣️

Momoko Mitani

 

参考記事:Psychology Today