通学路、安全

 

「JEEPA認定英会話コーチ」の後藤和美です。

毎週月曜日のブログを担当させていただいております。

外国籍の方と話をする時には、

「日本ではどうなの?」

「あなたはどう思うの?」

という質問をよくされます。

自分たちの住む社会と、他国の社会の違いを知り、

自分の考えを深めておくと、

いざ、英語で話そうと思う時に役立つのでは・・と思います。

というわけで、今日は、「異文化から考える子どもの安全」について書いてみたいと思います。

子どもの守り方の違い

日本では、子どもたちが、徒歩や交通機関を利用して、

自分で登下校し、習い事にも自分たちで通う姿を普通に目にします。

 

ハワイに住んでいた頃、

学校や習い事、お友達と遊ぶ時、子どもたちの送り迎えを親がしていました。

アメリカには、

13歳になるまで「親もしくは保護者の監視下にいなくてはならない」という法律があります。

そのため、学校の送り迎えは必ず保護者が行っていました。

 

一方で、日本では

学校自体が「親の送迎」を禁じている場合が多いようです。

子どもたちが自分たちで登下校する代わりに、

登下校時の通学路では、

旗を持って、子どもの登下校を見守るボランディアの方々を見かけますよね。

日本の地域で子どもを守ろうとする見守りの文化は日本の良いところだし、誇りに思っています。

 

銃を普通に買うことのできる米国に比べて、

日本の治安は良いと認識されていることも関係しているのかもしれません。

小学生の頃の実体験

人通りが少ない

私が小学校4、5年生の頃の話です。

道で、男性に道を聞かれたことがありました。

カツラを被っているのか・・

なんとなく髪型に違和感を感じていました。

キョロキョロ周りを見た後、

腕をぐっと掴まれた瞬間に

 

幼心に

「怖いっ」と感じて

腕を振り払って、逃げました。

とにかく、

走って走って

やっと振り切ったと思った小学校近く・・

 

先ほどの男性が自転車に乗って目の前に現れました

 

頭の中は、大パニックです。

さらに、

走って逃げ、

人の家の門に入り、身を隠しました

追いかけてきた男性が通り過ぎるのを確認し、

 

その家のインターフォンを鳴らし、

泣きながら助けを求めました。

 

その家の方が自宅へ連絡を取ってくれ、

母が迎えに来てくれた時は、

身体中の力が抜けたのを覚えています。

 

犯罪を起こさせない環境づくりの必要性

スクールバス

近所で小学生を見かける「通学路」、「公園」は、死角だらけ、

引き込まれても誰も気づかない場所がたくさんあります。

 

他国の現状を知り、

さらに自分が子どもを持つ親となって、

子どもだけで歩いている小学生たちを見かけると、

ハラハラするようになりました。

 

ハワイで見た

アメリカ方式は、保護者にとっては、確かに本当に大変そうでした。

日本から引っ越してきた方が、

「日本は楽だったなー」といっている声を多く聞きました。

 

一方で、

楽だけど・・・

アメリカにも見習うところがあるというのが私の考えです。

いろいろな事件が実際に起きている日本社会は、

今では、安全であるとは言い難いように思っています。

 

子どもたちに、

「知らない人についていかないこと」を教えるだけでなく、

犯罪を起こせない環境を強化することが必要ではないでしょうか。

 

13歳までの送迎が義務になっているアメリカと、

日本で、同様のことをするのは難しでしょう。

それならば、、、

送迎の負担なく、子どもの安全を守るという観点から、

せめて、スクールバスの運用をもっと多く採用するべきではないかと思っています。

日本を少し違う視点で眺めてみよう

今回のテーマにかかわらず、

ハワイでネイティブたちと会話する時に、

私は、

いかに自分が日本のことを知らず、

普段、いかに物事を深く考えていないかということを

実感させられる場面が多々ありました。

 

日本語でさえ、うまく語れないことは、

英語ではなおさら話せるわけはありません。

子どもの安全、医療制度の違い、環境に対する取り組み・・

自分の考えが明確であれば、

使える英語が拙くても相手には伝えることができます。

 

日本に住みながらも、

新聞やニュース、生活の身近なことを、

普段から、

少し引いた視点で考え、

自分の意見を整理することを意識していると

自分の知見も広がりますし、

外国籍の人々と、

より深いコミュニケーションをとることに

力を貸してくれるでしょう。

 

 

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

ブログに関する「ご感想・ご質問」、「個別コーチンング」に関するお問い合わせはこちらからお願いいたします。

Kohola English 後藤和美公式メルマガの購読申し込みはこちら

 

KOHOLA ENGLISH公式LINEにご登録いただきました方には、

1. 「初めての英語絵本おすすめ3選」
2. 「英語生活絵本おすすめ3選」
3. 「ママの基礎力アップに役立つ英語絵本おすすめ3選」

のいずれかををプレゼントさせていただいていおります。
ぜひ、ご登録いただき、プレゼントをお受け取りくださいませ。
↓↓↓

友だち追加