英語の上達方法(その5) 自分の英文をマスターする

Englishトレーナーのニノです。

 

前回は、

学習した基本構文を、

自分の英文として使ってみることをお勧めしました。

 

そして、

英語を使う機会がない人は、

オンライン英会話より英語日記がおすすめでした。

 

英文の添削サービスは、

無料のものから、ネイティヴの先生の添削でも、1回500円など、

さまざまなものがあります。

 

ポイントは、

最初は、週1回でも良いので試しにやってみる。

 

更に、週2回、毎日と一定期間、回数をやってみる。

 

その時、書く時間を決めて、

自信がなくても、提出するのがポイントでしたね。

 

先ずは、英文を書くことに慣れる。

正しい英文かどうかは、その次です。

 

 

サービスによっては英文添削に追加して、

ネイティヴの先生のナレーションもつけてくれるものもあります。

 

自分が言いたいことの正しい英文と正しい発音。

これは、練習教材として最高のものになります。

 

テキストの例文を暗記するのではなく、

自分が言いたかった自分の英文です。

 

せっかくだから、この自分の英文をスムーズに言えるように、

反復練習をしてみましょう。

 

例文を暗記するのではなく、自分が言いたいことだから、

感情を込めて言ってみる。

 

ナレーションがある場合は、

英文を見ながら、リズムに注意して聞いてみましょう。

 

最初は、どこで息継ぎをしているかを確認する。

そして、それをマネてみる。

 

次に、強く言っている単語とその音を注意して聞く。

強く言っている単語だけを、

発音とイントネーションに注意して、マネてみる。

 

同じ単語を3回連続して、スムーズに言えるまで、

反復して練習してみましょう。

 

ここまでの準備ができたら、

再度ナレーションを聞いて、

同じリズムで言う練習をしてみましょう。

 

リズムを合わせるのは、

文章の出だしと、強く言う単語のストレスの位置、そして文の終わりのタイミングです。

 

イヤホンでナレーションを聞きながら、

発音するとズレが分かると思います。

発音しながらだと分かりづらい場合は、

録音してから確認すると分かると思います。

 

強く言ってないところで、息を切らないことが、

リズムを合わせるコツです。

 

すべての単語をハッキリ発音するのではなく、

強く言う単語のストレスのある音だけを、ハッキリ、強く、長く言う。

 

練習のステップ

1)息継ぎの箇所を確認

2)強く言ってる単語の音を確認

3)強く言ってる単語を3回連続でスムーズに言えるまで練習

4)強く言ってる単語のリズムを合わせて、息を切らずに言う

 

慣れるには、毎日の反復練習が必要ですが、

テキストの例文ではなく、

自分が言いたい英文なので、

練習の継続がし易いと思います。

 

 

教訓14

・英語日記は、最初は書くことに慣れるだけでも良い。

 

・発音の練習は、リズムを合わせることを目標に

 部分練習と全体練習を行う。

 

アクション

・英語日記を書いて、添削を受けてみる。

 

・添削文を音読してみる。

 ナレーションがある場合は、それをマネてみる。