本が速く読めるようになりたい・・・

いろんな読書術

こんにちは。JEEPA認定英会話コーチのミサです。お盆休み真っ只中。そしてStay Homeでエアコンの効いたお部屋で読書三昧という羨ましい予定の方がおられるのではないでしょうか?
今日は読書についてお話をしたいと思います。

大人になって本の読み方を学びました。
1回読んでも頭に残らないし、メモを残してもそのメモは何処かに行っちゃうし・・・。
1冊を読み終えるのに結構な時間がかかるから、読み始めたときの情熱は薄れている。
何のための読書だろう。

1冊が3秒で読める読書法とか、いろんな読書法が宣伝されている。
本当かな?
せっかく時間を割いて血を吐く思いで描いた書籍を、たった3秒で読まれたら作者は悲しいだろうな。
そんなことを思いながら、マイ読書法というものを探し続けた。

読書に求めるもの

経験した気になる。
知りたい!!を満足させる。

いろいろあるけれど結局はこんなところだ。
実生活で大失恋なんて嫌だけど、たまにはそんな気分も・・・と思って読む小説。
憧れのイギリスの生活を、ときには王室の生活を擬似体験・・と思ってみる写真集。
例えば、時間の有効活用方法を学ぶために読むビジネス書。
ある目的に沿って本を集め、そこから情報を集め自分の意見をまとめたり、自分の考えと戦わせたりすることもある。

作成中の作者の思いを知りたくて読む本なんて1冊もなかった。
私の欲しい情報を素早くくれる本、私のなりたい気分・体験したい生活を擬似体験させてくれる本・・それらから欲しいエッセンスさえもらえれば十分なのだ。

そう・・研究で使う参考文献と大して変わらないことに気づいた。

それ以降、一字一句逃さず読むことをやめ、自分の欲しい情報だけをとりに行く読み方を愛用しています。

マイ読書法

私はフォトリーダー。
「フォトリーディング」というややあやしげな読書法に出会って、10年ほどになる。
本当にできているのかと聞かれると、またそこも怪しいのだが、それでも私の研究活動の下支えをしてくれ、知りたい欲求を満たせてくれている。
何か自分なりの読み方が一つあると、ここぞというときに踏ん張りが効くような気がするのでおすすめです。

少しだけフォトリーディング、正しくはフォトリーディング・ホール・マインド・システム、について触れておこうと思う。

「あなたも今までの10倍はやく本が読める」 ポール・R・シーリー著 フォレスト出版

https://amzn.to/33KHc07

脳を加速学習状態にした上で、脳を余すことなく活用し、自分の欲しい情報をとりに行く読書法です。目的を明確にし、本と仲良くなり(この辺りから怪しい話ですが・・・)、脳へと情報を送り、必要に合わせて情報を引っ張り出す。
右脳トレーニング的な要素も大きいようにも思います。
インストラクターではないので、これ以上のことは言えないけれど、この読書法によって積読が激減しました。

英語学習に読書を活かす

そして今、フォトリーディングを活用して英語の本を読むことにチャレンジ中です。
都合よくつまみ読み・・・。読んだ気にはなれるけれど、「読破できない私」・・というイメージが残る。
ちゃんと1冊読み切ったという自己満足を持ちたい。
1人で1冊を読み進めるには、相当なエネルギーが必要ですよね。
JEEPAには洋書チャレンジという朝活があって、洋書に向かう習慣づくりと、こんなふうに展開するんだという洋書のお作法のようなものに触れることができます。
わからないことは、すぐにコーチに聞くことができるのでストレスなく英語の本を1冊読み切る体験ができる。

洋書チャレンジについては、
https://www.facebook.com/koikemayumiでは、
「Eat that Frog!」https://amzn.to/2Y4lNM3 という時間管理の本を読みました。

オリジナルを読むと、訳本ではここはどんなふうに表現されているんだろう?・・・と気になったり、訳すのにてこずったおかげで内容が頭に残っていたりしています。
英語を読む目的の読書と、情報をゲットするための読書で読み方を変え、時間をセーブするのもいいのかもしれない。
まずはたくさんの英語に触れ、恐怖心を拭うところから・・・。

作者に一歩近づきたいから、作者の言葉で読みたいな・・・。
1人で読むときには知りたいことだけをチョイスして全部をちゃんと読まないのに、こんなことを思いながら、読書を楽しんでいます。
それでも塵も積もれば山となる・・で、私の中に英語も少しずつ浸透しています。

読書会のすすめ

インプットしたら、そうアウトプットしたくなる。
数人で読書会を開催すると、本の理解の深みがうんと増して違った見方ができるので楽しい。
読みたい本を持って(読まずにでもOK)読書会に参加したり、主宰されたことはありますか?
読書の向こう側の体験って興味ないですか?
次回は、そんな読書会についてお話をしようと思います。

 

では今日はこの辺で。
Have a nice Day!!
Misa ××