英単語の覚え方(1)

Englishトレーナーのニノです。

 

前回は、

今の英語の知識を使って英語日記を書いてみること、

そして、それを音読してみることを紹介しました。

 

完璧を目指さずに、

先ずは、1回だけでも、やってみることをおすすめします。

 

続かない時は、分量を最低限に減らしてみる。

1行を3回音読して、10秒です。

 

先ずは、ここから初めてみましょう!

 

-------------------------------------------

今日のテーマは、英単語の覚え方です。

 

英語のの基礎は、ー英語だけに限りませんがー、

・単語

・語順(文法)

・発音

の3つだと思います。

 

多くの人は、英語の学習というと、

英単語の暗記が苦手でと思ってしまいます。

 

でも、多くの日本人は自分が思っている以上に、

英単語を知っていると思います。

 

例えばリンゴは、英語でなんと言うか分かりますか?

 

 

アップル( Apple ) はい、正解です。

 

では、スペイン語でリンゴはなんと言いますか?

 

中国語では?

 

ロシア語では?

 

 

正解は

manzana、    苹果

яблоко、  Apple

 

です。

 

私は、Apple (英語)しか、分かりません。

多くの皆さんもそうだと思います。

 

でも、これだけでも凄いことだと思いませんか。

 

そう、あなたは既に、英単語を知っているのです。

少なくとも、スペイン語、中国語やロシア語に比べて。

 

次に、これを声に出して、発音できますか?

 

manzana は、マンザナ ?

・惜しい。 マンサナの方が近いです。

 

Apple  は、 アップル ?

・惜しい。 エプルの方が近いです。

 

こうやって見てみると、英語の単語 Appleは、

・文字で見れば意味は、分かる

 

・発音もなんとかできるが、正しいか自信がない

 

・早いネイティブの発音を聞くと、聞き取れない

 

の人が多いようです。

 

あなたは、どうですか?

 

英語なら見て意味は分かるが、

スペイン語、中国語、ロシア語では、

意味もわからない人が、ほとんどだと思います。

 

では、海外の喫茶店でデザートメニューに

manzana、    苹果

яблоко、  Apple

 

が出て来た時に、メニューの Apple を見て、

アップルケーキを注文することは、できそうですか?

 

又、Apple cake は品切れだとの説明は、聞き取れますか?

 

せっかく、 Apple の意味が分かっても、

正しい発音を知らないと、

残念な結果になりそうですね。

 

 

教訓15

・英単語は、既に知っている単語が想像以上に多い。

 

・文字を見て意味が分かっても、

 正しい発音を知らないと、聞いても分からない、