" THIS IS IT " って、何て訳す?

ブログをご覧いただきありがとうございます。JEEPA認定英会話コーチの丸山です。

先回、 「 it はすごく抽象的な言葉であり、なんにでも化ける(なれる)ことができるすごく便利な言葉」と申しました。

☞  ラブコメディーで感動してしまった件

今回はそこをもう少し掘り下げます。

" it " は抽象度の高い言葉。なんにでもなれる

先回は、なかなか怪しい場面で、「it」が便利に使えるという話でしたね。社長秘書👩が、具体的な表現を避けて、ずいぶん思わせぶりな言い方をしていました。

もちろん、「it」 は、怪しい場面だけで使うものではありません。もちろんです。

先回の場面は、それはそういう状況だったので、それそうだったのですが、それだけではないのです。

It was the situation, so it was it, but it's not all.

it」を使いたいばっかりに無理やり変な文を作ってしまいましたが、日本語での会話でも、「それをそうして」や「そうそう、それそれ」「それ、とって」とかで話ができちゃうことありますよね。使い方注意ではありますが。(私は加齢とともにその傾向が強くなっているような・・ )

はい。

気を取り直して、先回の

👩 Looking forward to it. (それを)楽しみにしてるわ。

を例に考えましょう。

    * I am looking forward to〜 〜を楽しみにしています。この場合のto の後は「名詞」(動詞を使いたいときはing形)になります。

it(それを)楽しみにしているっていうのは、「何を」楽しみにしているのか、いろいろ推測できましたね。

例えば、

I'm looking forward to seeing you. 「あなたに会うのが楽しみだわ。💓」

it = seeing you

I'm looking forward to making love with you.  「ラヴラヴが楽しみね💞」

it = making love with you

I'm looking forward to spending Christmas with you. 「一緒にクリスマスをすごすのが楽しみだわ🎄」

it = spending Christmas with you

I’m looking forward to a lovely present. 「素敵なプレゼントを楽しみにしてるわね🎁 🎅」

it = a lovely present

などなど、it は何にでもなっちゃうんです。

仮に、

I’m looking forward to a lovely present. に続けて

This is the jewelry store that I like. 「これが私のお気に入りのジュエリーショップなの。」

などと、お店までピンポイントでとどめを刺されたらどうしましょう。

ここで、

the jewelry store that I like = it と置き換えると

This is it.

と、とっても短い文になってしまいます。

" This is it " って、何て訳す?

This is it といえば、

「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」(Michael Jackson's THIS IS IT) が思い出されます。マイケル・ジャクソンの幻のコンサートのリハーサル映像ですね。

個人的には、予告編冒頭でマイケルが、

This is the moment. 「さあ行くぞ」 This is it.

と言っている場面が印象に残っています。

ここで使われている This is it. は「さあ、いよいよだ」というニュアンスですね。

さらにそれに続く彼の言葉から、「it」 が「すごい冒険」であったり、「みたことのないステージ」や、「感じたことのない瞬間」も意味していることが伝わってきます。

また、ラスト近くの、環境破壊から地球を守ろうという場面では、

The time has come. this is it. 「今がそのとき」 と言っています。

 

さらに、マイケルジャクソンは生前、このコンサートについてインタビューに次のように語っています。

引用

I just wanted to say that these will be my final show performances in London.

When I say this is it, it really means this is it.

-Michael Jackson-

私はただ、これらがロンドンでの最後の公演になるということを伝えたかったんです。

When I say this is it, it really means this is it. の部分は、

直訳すると、「私がこれがそれだと言ったのなら、本当にこれがそれなんです。」

文脈からは、「私はこれが最後といっているので、本当に最後なんです。」ですね。

" it " には非常に多くの概念が含まれる

どうでしょう。

it」 は非常に抽象度が高い言葉なので、この短い言葉の中に非常に多くの概念が含まれるということです。

洋画を観るときに、This is it. がどのように訳されているかをチェックするのも面白いですね。というより、自分ではそこでどう訳すかを考えながら観るともっと面白いかもしれません。というより、This is it.をそのままThis is it.としてとらえることができれば貴方は映画上級者!?

 

That's it. Thank you! ✋ 

 

記事のご感想や、ご質問、リクエストなどをいただけると嬉しいです。英語学習などのご相談もご遠慮なくどうぞ。
こちらのサイト☞「英会話、あなたの想いを現実に!」からお願いします。
(「JEEPAブログの問い合わせ」などとご記入いただけると助かります。)