英単語の覚え方(3) イメージと反復回数

Englishトレーナーのニノです。

 

前回は、英単語は、聞いて意味がわかるようにすることが大切。

その為には、意味をイメージしながら、発音をまねると良い。

そして、単語練習のアプリがあるので、これも有効だとお伝えしました。

 

英単語を知っているとは、どのような状態なのでしょうか?

・見た事があるが、意味は正しくは思い出せない。

・単語の訳は知ってるが、英文の中での意味が分からない。

・単語や例文を見て意味は分かるが、聞くと分からない。

・読んだり聞いたりではなんとなく分かるが、自分では使えない。

 

いろいろな段階がありますが、

先ずは、知らないことを知ること。

 

この段階では、正しく深く理解することが、

使える英単語を増やすにはかえって良いようです。

 

例えば、実際に使う場面や例文を確認することや、

類似語の使い方の違いなどを調べることなどです。

 

単語の和訳を丸暗記するのではなく、

使う場面をイメージして一手間かけることが、

記憶の定着にも、その英単語を使えるようにするにも有効です。

 

 

次に、直ぐに意味が頭に浮かぶ状態にすること。

 

ここは、基本は反復回数ですが、

英単語 ー 和訳 だけでなく、

英単語 ー イメージ ー 和訳 と

意味を和訳だけでなく、

イメージを関連付けて覚えるよ良いようです。

 

脳への記憶は、

インパクトの強さと、反復の回数です。

インパクトが強いと記憶に残りやすいです。

反復の回数を増やすと、脳の記憶領域が、

短期記憶から長期記憶に移動します。

 

 

先ずは1回は覚えて、忘れることを恐れない。

 

2回目に覚える時は、

1回目より短時間で覚えることができて、

忘れるまでの時間も長くなります。

 

そして、実際にその単語を自分が使う場面をイメージして、

自分の例文を作って、声に出してみることも有効です。

 

単語帳の例文を暗唱するのではなく、

自分の例文を声にだすことで、

イメージが鮮明になり、感情を動かすことができます。

これは、脳へのインパクトが強くなり、記憶の定着に有効です。

 

 

教訓17

・英単語は、和訳だけでなく、使う場面やイメージを意識する。

 

・忘れることを恐れずに、反復の回数で定着させる。