天才はいない。

みなさん、こんにちは。

JEEPA認定英会話コーチ、Momokoです。

金曜日朝のブログを担当しています。

週末まで後1日。とっても大きな台風が近づいてきて、心配ですね。

今週末は、家の中で過ごすことになるのかな?

Let's think  about "talent".

「あの人は、語学の才能があるから」

「あの人は、帰国子女だもんね」

などなど、自分の英語の習得が思い通りに進まないとき、

できない理由を数え上げたくなる時

ありますよねぇ。

 

でもそれって、とっても無駄な時間だと思いませんか?

あなたが英語を思うように話せない要因は、

帰国子女じゃないからでも才能がないからでもないって

ホントは、薄々気がついていますよね?

私もそう。その理由、多分知っています(笑)

Spend a lot of time.

私がそれを強く心に感じたのは、

メンターに言われた一言がきっかけでした。

彼女は、

「自分より英語ができる人に出会ったら、

引け目を感じるのではなく、

その人は、自分より多くの時間を

英語を身につけるために使ったのだなと思う」

とおっしゃっていました。

 

確かに。

帰国子女だって

英語を身につけた時には、子供の時だったかもしれないけど、

沢山の時間を費やしてるはずですね。

では、語学の才能がある人は?

その人は、時間を沢山使ってるでしょうか?

そもそも才能ってなに?

調べてみました。

I doubted  "natural talent".

『才能』

辞書を引くと

「物事を巧みになしうる生まれつきの能力。才知の働き」

と出てきます。

「生まれつきなら、しょうがない」

いやいや、そんなことはないはず。

生まれつきってホントかな?

と疑って、またまた調べてみます(笑)

 

違うという説、出てきますね。

しかも沢山出てきます。

その中のひとつをご紹介しますね。

 

アメリカのアンダース・エリクソン教授が

30年間に渡るスポーツ、音楽、チェスなど様々な分野における

『超一流』とされるプロフェショナルに対する研究を行った結果、

その人たちの脳に、生まれながらの天才は存在せず、

IQも運動神経も関係ない。

超一流/一流/二流/三流を分けるのは、

『練習時間と練習の質だけ』である。

ということ。

「限界的練習(deliberate practice)」理論というものを発表されています。

 

エリクソン教授の調査によると、

各プロフェショナルの脳は、

正しい練習を長期間続けることによって、

対象分野に適応した脳へ、「脳」が変化しているということがわかったらしい。

 

天才は、生まれつきでないなら、なんとかるかもな(笑)

しかし脳ってすごいですね。
脳が勝手に、なりたい自分に合わせて進化してくれるなんて!

その他にも近年、脳については、色々神秘的なことが解明されてきていますね。

Step by Step

しかし、そうは言っても、急に天才にはなれないので、そこは心したいところですね。

「限界的練習(deliberate practice)」を繰り返すことが大切です。

ちょっとずつ、ちょっとずつ。

あんまり遠くに目標を掲げてしまうと、

目標とのギャップに押しつぶされてしまいます。

 

毎日少しずつ、

人と比べるのではなく、

昨日の自分より少し知識を増やす努力を

積み重ねていきましょう。

 

「限界的練習法」詳しく知りたい方は、読んでみて下さいね。

『超一流になるのは才能か努力か? 』
アンダース エリクソン (著)

Momoko
才能って諦めないココロだったんですねー
それなら、私、超才能ありますよー

 

Thank you for seeing my page.

Have a nice day ❣️

Momoko Mitani