英単語の覚え方(4) 反復練習と読書

Englishトレーナーのニノです。

 

前回は、英単語は、和訳だけでなく使う場面やイメージを意識すること。

そして、忘れることを恐れずに、反復の回数で定着させることをお伝えしました。

 

その前の回では、英単語は文字だけでなく、音も重要だよと言いました。

正しい発音を知らないと、

見れば意味が分かるけど、聞くと全く分からないことになります。

カタカナになっている単語なども、要注意です。

 

練習としては、

英単語を見て、意味を確認しながら、声に出して発音する。

あるいは、文字を見ずに単語の音を聞いて、

意味をイメージしながら声に出しす。

 

ポイントは、目(視覚)だけでなく、

耳(聴覚)と口(筋肉)を使うことでした。

 

------------------

でも、これは素振り練習みたいなもので、

これだけでは、試合を楽しめない。

 

そこで、練習試合に参加して見ましょう。

 

それは、語彙制限の英語の本を読むことです。

先ずは、1冊を最後まで読んでみること。

 

1冊の本には、同じ単語や表現が繰返し出て来ます。

最後まで読むと、

繰返し出て来る単語や表現の意味や使い方が、

感覚的に分かって来ます。

 

単語帳の和訳を覚えるのではなく、

意味や使う場面が感覚的に分かって来る。

 

これができると、自信になります。

 

使う道具は、和訳のある、語数制限の英語の本です。

 

本の選択のポイントは、

・日本語でも、自分が読みたいと思える本

・単語のレベルは、自分の現状より簡単なもの

・本の厚さは薄いもの

です。

 

読み方は、

・英文の細かいところは気にしないで、

 1冊を1ヶ月で読み切ること

 

・その為には、読了の日を決めて、

 毎日あるいは毎週、どこまで読むかを事前に決めます。

 

・読めない日があっても次に進んで、

 予定の日には、一旦、読み終える。

です。

 

英語を勉強するのではなく、

英語を使って内容を知ることが目的です。

 

英語を使って、本を楽しむことです。

 

毎日、素振りの練習をして、

週末には、試合形式で楽しむのです。

 

面白くない本だったら、途中で止めても良いです。

 

でも、面白かったら、

どこが面白かったか、その内容を書いてみるか、他の人に話してみると良いです。

 

そして、その内容を英語ではどのように表現しているかを

再度、読んだ英語の本を見返してみるのも良いと思います。

 

それが、あなたが言いたいことなのだから。

 

------------------

教訓18

・英語の練習や勉強だけでなく、

 英語を使って知識を得たり楽しんだりしてみましょう。

 

アクション

・語数制限の英語の本のシリーズを調べてみる。

・その中から、日本語でも読みたいと思う1冊を選ぶ。