英語を使って楽しむ

Englishトレーナーのニノです。

 

前回は、英語の練習や勉強だけでなく、

英語を使って新しい知識を得たりして、

楽しむことをお話しました。

そして、語数制限の英語の本を提案しました。

 

でも、洋書へのチャレンジと言うと、

分厚い本を、辞書を片手に格闘するイメージがありませんか?

 

私はそうでした。

 

でも、文字だけの文学書でなくても、

見ているだけでも楽しい、写真が多い本もありますよ。

 

例えば、料理が好きな人なら、クックブック。

必ずレシピと写真がありますよね。

 

旅行が好きなら、旅のガイドブック。

その土地の名所やお店の写真があります。

 

スポーツが好きなら、有名選手の本やトレーニング方法の本。

その選手の有名な試合のシーンや子供の頃の写真。

トレーニング方法の図解やフォームの写真。

 

写真を見ているだけでも楽しいし、

背景の知識があると、

あのシーンかとか、

この料理かとか、何となく内容が想像できますよね。

 

そして、特に興味のあることろだけ、

説明の英文も見てみる。

 

最初のページから順番ではなく、

ペラペラと眺めて、

気になるところだけを読んでみる。

 

最初は、辞書は使わない。

 

背景知識は、想像でもあるので、

それを手がかりに、英文を読んでみると、

このことを英語ではこう言うのかと、発見があると思います。

 

そして、あちこちを少しずつ読んでいると、

同じ表現が繰り返されていることに気づく。

 

そして、どうしても意味を確かめたくなったら、

辞書を使って意味を確認してみる。

 

今は、紙の辞書でなくても検索すれば、

単語の意味から用例も、簡単に出て来ますよ。

 

それでも分からないところはどうするのか?

 

はい、無視します。

 

全てを分からなくても、

写真と分かる部分だけで、十分だと思います。

 

何となく興味があるところを、

写真を頼りに、

分かるところだけを、読んでみる。

 

これで十分、楽しめますよ。

 

 

教訓19

・背景知識がある分野で、写真が多い本を選んで、

 手元においてみる。

 

・最初は、写真を眺めるだけで良い。