十五夜

 

「JEEPA認定英会話コーチ」の後藤和美です。

秋分もすぎ、やっと過ごしやすい季節になってきましたね。

今年の十五夜は、10月1日(木)だそうです。

十五夜といえば、「お月見」

お団子を食べて、ススキを飾り、満月を楽しむというイメージがありますが、

どのような行事なのでしょうか。

 

また、英語ではどのように説明したら良いのでしょうか。

 

お月見は中国から伝わってきた文化で、平安時代から現代に続く歴史的なイベントです。

江戸時代からは、庶民の間で「お米の収穫を感謝する」目的で行われてたようです。

The full moon in mid-autumn is special day for us.

秋の中頃の満月は私たちにとって特別な日です。

We celebrate it to give thanks to sprits for the rice harvest.

米の収穫を神に感謝するためにお祝いをします。

It’s called “OTSUKIMI ; The moon viewing festival”

それはお月見と呼ばれています。つまり、月を見るお祭りです。

 

 

お月見、お供え

 

お月見では、神様に3つのものをお供えして、月を見て楽しみます。

ススキ

神様を招く、依代の役目を果たします。また、稲穂に似ていて、魔除けになると考えられています。

月見だんご

だんごを月に見たて15個ピラミッドのように積んで供えます。

農作物

収穫したばかりの農作物を備え、神様に感謝の気持ちを伝えます

ススキは月の神様をお招きすると信じられています。

Susuki (Silver grasses) are believed to invite the sprit of moon.

また、悪いものを除ける(魔除け)効果があります。

It also works to keep evil spirits away.

お米の収穫を神様に感謝するためにお団子をお供えします。

We offer rice dumpling to give thanks to sprit for rice harvest.

お団子は月のように丸い形をしています。

These dumpling's shape looks like a moon.

 

 

自分自身、ネイティブと会話をするとき、

日本の文化や日本のシステムについて聞かれる場面を多く経験しました。

その場で突然考えようとすると、

それについて日本でも説明したことがないままに

英語化を試みるとなるため、「うまく説明できなかったなぁ」と終わってしまいます。

 

彼らは、自分の国のことも、他の国の人の文化についても自分なりの意見を持っていいて、

それについて語った上で質問をすることができます。

そういった場面に立ち会うたびに、

自分の考えの至らなさを実感していました。

 

自分の身の回りにあるものを

まず、日本語で整理し、理解する

そして、単語を一つでもいいので調べてみる

できれば、短くても良いから英文化してみる

 

これらの積み重ねは、自分自身の教養を深める上でも、英

会話力を上げる上でも役立ち、必要なことだと感じています。

 

また、語彙や英語力のスキルだけでなく、

話をする内容に幅ができます。

 

英会話をより楽しめるようになりそうですね。

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

ブログに関する「ご感想・ご質問」、「個別コーチンング」に関するお問い合わせはこちらからお願いいたします。

 

あなたにあった英語絵本がわかる

おすすめ絵本診断:英語編 

ぜひ、おためしください。