皆さん、こんにちは。

お元気にされていますか?

JEEPA認定英会話コーチのジョーンズ由美です。

 

メルボルンは最近ずっと寒い雨の日続きです。

日本はどうですか?

 

さて、今日は西洋料理に良く出てくるGravyのご紹介です。

以下ウィキペディアより抜粋です。

グレイビーソース: gravy)は、調理された食肉から出る肉汁を元に作られるソースである。

製法

18世紀イギリス料理に関するテキストではグレイビーソースを基本的なソースとして紹介しているが、「多少の肉とタマネギスパイス類を茶色くなるまで炒めて小麦粉を加えて煮込む」という今日のブラウンソースのようなものだった[4]

今日グレイビーソースとして一般的なのは、ローストソテーなどを作った後、残った肉汁を一旦取り出し、焦げの付いたフライパンワインビールストックを加えデグラッセする。そこに軽く炒めた小麦粉ルー)や片栗粉と肉汁を徐々に戻し、滑らかになるようにゆっくりと、かつしっかりと混ぜる。より滑らかにするために牛乳生クリーム、それに野菜ジュースを足す場合もある。また小さく刻んだ調理済みの肉を戻し、ソースの風味を増すように仕上げることもある。グレイビーソースは食べる直前に作るソースのため、あまり長時間は煮込まない[5]

日本洋食においては、ステーキハンバーグローストビーフなどにトマトケチャップウスターソースなどを合わせたものをソースとして用いる例がしばしばみられるが、これらはグレイビーソースではなくドミグラスソースの簡易版として認識されることが多い。

 

皆さんはこのGravy、召し上がった事がありますか?

あと、余談ですが、英語ではグレイビーソースとは言わず、グレイビーと言うそうです。

義父曰く、ソースはつけないと。。。(*_*;

私は気付かず、何度もグレイビーソースと言ってしまっていたようです。

イギリス人が言っているので、間違いないでしょう。(*_*;

 

我が家ではマッシュポテトにグレイビーをたっぷりかけて頂きます。

マッシュポテトは蒸したポテトをボールに入れ、マッシャーで潰して、適量の牛乳とバターを入れ、

空気を入れる感じで手早く混ぜます。義母に教えて貰って、私は大きめフォークを使って混ぜます。

これだと良く空気が入る感じです。

 

イギリスやアイルランドでは、サンデーローストと呼ばれる日曜日のランチでこのグレイビーが使われます。

一般的には、牛肉、豚肉、羊肉、鶏肉にかけられますが、フライドポテトにグレイビーを

かけて食べたりもします。

因みに義父は良く食パンにグレービーをかけて食べています。

至福の時の様です。😄

 

では、今日はこの辺で。

良い週末をお過ごし下さい。

See you next week!

Jones 

 

 

Hi all.

How are you doing?

I'm Yumi Jones, JEEPA certified English conversation coach.

Melbourne has been having cold rainy days lately.

How's the weather in Japan?

Well, today I'm going to introduce Gravy, which is often served in Western cuisine with roasted meats.

Here is an excerpt from Wikipedia.

Gravy is a sauce made from meat juice out of cooked meat.

Manufacturing 

The text on 18th-century British cuisine introduced Gravy as a basic sauce, but it was like today's brown sauce: "Fry some meat, onions and spices until brown, add flour and water, and simmer."

Today's gravy is commonly made after making roasts and sautés by removing the remaining meat juice from the pan and then adding wine, water, beer and stock to the burnt pan or frying pan. Gradually return the lightly sautéed flour, starch, meat juice and mix slowly and firmly to make it smooth. You may want to add milk, fresh cream and vegetable juice to make it smoother. It is also possible to return the cooked meat in small increments and finish it to increase the flavour of the sauce. Gravy is a sauce that you make just before you eat it, so don't cook it for a very long time.

Western food in Japan, steaks, hamburgers, and roast beef often have sauces such as tomato ketchup and Worcestershire sauce, but these are recognized as simple versions of   demi-glace  sauce rather than Gravy.

In the United Kingdom and Ireland, a Sunday roast is usually served with gravy. It is commonly eaten with beef, pork, chicken or lamb. It is also popular in different parts of England, Scotland, Wales and Ireland to have gravy with just chips (mostly from a fish and chip shop).

Have you ever seen it?

Also, as an aside, it seems better not to say “gravy sauce” in English.

I didn't know it, so I used to say “gravy sauce” often.

My father-in-law says you shouldn’t add the word “sauce” to it. It’s just “gravy”.

That’s directly from a British person, so there's no doubt about it. (*_*;

At our house, we have mashed potatoes with plenty of gravy.

Put the steamed potatoes in a bowl, mash them with a masher, add an appropriate amount of milk and butter, and mix quickly. My mother-in-law taught me to mix it with a large fork. In that way, you can feel that air enters well into the mashed potatoes.

By the way, my father in law loves eating bread with gravy on it. It's a time full of bliss for him. 😄

Well then,

That's it for today.

Have a nice weekend everyone!

See You Next Week!

Jones