雨のパリが一番素敵(諸説ありますが)

ブログをご覧いただきありがとうございます。木曜日担当のJEEPA認定英会話コーチの丸山です。

今回もJEEPA洋画チャレンジ、『ミッドナイト・イン・パリ』からお送りします。

この作品は冒頭からおよそ3分もの間、ひたすらパリの美しい街並みが朝から夜にかけて流れるように映し出されます。特に雨の風景が印象的です(私には)。

そのすぐ後の出演者ロールにあわせて、(1920年代のパリを愛してやまない)ギルの「本当に信じられないよ 世界一の都 パリに来ているなんて!」という言葉を皮切りに、(ギルとは趣味や趣向が大きく違う)婚約者イネズとの会話が始まります。

 

GIL Can you picture how drop-dead gorgeous this city is in the rain? Imagine this town in the twenties - Paris in the twenties - in the rain - the artists and writers.
ギル(字幕) 見える? うっとりするほど美しい雨のパリ 1920年代を想像してみてよ 芸術家たちが雨のパリで・・・

Picture ~を頭[心]の中に描く、想像する、心に描く、目に浮かべる

drop-dead【形】〈俗〉ハッとする、目を奪う(ような)、目をむくほどの

 

INEZ: Why does every city have to be in the rain? What's wonderful about getting wet?
イネズ(字幕)なんでいちいち雨なの? 濡れるだけじゃない

 

この映画のなかで「雨」は二人の「感性」や「思考」の違いを象徴していますね。雨を「美しい」と見るギルと「濡れるだけ」と考えるイネズとの間の溝は埋めることができるのでしょうか。

ここがこの映画のキモのひとつと考えています(私は)。

映画の中盤で、イネズのお母さんと3人で家具屋に行ったときも雨。そこでは次のような会話が出てきます。

GIL  You guys want to walk back?
ギル(字幕)歩いて帰ろう

 

INEZ  Walk? No! Starting to rain.
イネズ(字幕)歩く? 雨の中を?

 

GIL  No, it would be nice walking in the rain. It’s beautiful.
ギル(字幕)ステキだよ 雨の中の散歩

 

INEZ  No, it is nothing beautiful about walking in the rain.
イネズ(字幕)濡れるだけよ どこがステキなの

 

むむう。イネズはギルを完全否定。やっぱり二人はすれ違ってしまっています。

実はこの二人、色々なところで価値観が違いすぎるんですね。

ギルは服装には無頓着(と思われます)でロマンチスト。一方イネズは、ファッショナブルで現実主義者です。

 

そして、エンディング間近です。

これまでもそうだったように、真夜中の12時の鐘がなったときに思いがけない展開が待っていました。

 

㊚  now it's starting to rain.
(字幕)おっと 雨が降り出した

 

㊛  No, but that's OK. I don't mind getting wet.
(字幕)構わないわ 濡れても平気よ

 

㊚  Really?
(字幕)本当?

 

㊛  Yeah. Actually, Paris is the most beautiful in the rain.
(字幕) パリは雨が一番 ステキなの

 

㊚  I feel that's what I'm always saying. I couldn't agree more with you. Yes, it is more beautiful.
(字幕)僕も そう思ってた 異議なしだよ 雨のパリは一番 ステキだ

 

ここで英語の勉強です。

 ㊚ I couldn't agree more with you. (agree 同意する、同感である)

これは「私は同意できない」と言っているのではありません。

couldn'tは「あり得ない」という意味で、「これ以上のこと(more)はあり得ない」➡「これ以上に同意することはあり得ない。」➡「これ以上あり得ないくらい同意します」つまり「大賛成」という意味になります(字幕は「異議なしだよ」になっていましたね)。

 これ、「How are you?」とか、何かの調子を聞かれた時に「絶好調だよ!」と答える場合の、Couldn't be better.  「これ以上あり得ないくらい良い」と同じ使い方ですね。

 

 

雨はヤだなぁと思うこと、多いですよね。でもこの映画を観たらちょっと気持ちも変わるかもです。

こんなのはイヤですけど

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

記事のご感想や、ご質問、リクエストなどをいただけると嬉しいです。英語学習などのご相談もご遠慮なくどうぞ。
こちらのサイト☞「英会話、あなたの想いを現実に!」からお願いします。
(「JEEPAブログの問い合わせ」などとご記入いただけると助かります。)