初心者でもできるリスニング練習(1)

Englishトレーナーのニノです。

今日は、初心者でもできるリスニング練習について、お話します

 

ゆっくり話してもられれば、ある程度は理解できるが、

早い英語は聞き取れないと思っている人は多いと思います。

 

リスニング教材の聞き流しでは、上達しませんでした。

シャドーイングは、英検準1級の私には難しい練習方法でした。

そこで、初級者でも再現可能なリスニングの練習方法をお話しします。

 

それは、チャンク音読です。

 

リスニングに必要な英語の力は、

・英語の音を聞いて英文が頭に浮かぶ、音の聞き取り力

・聞いた英文を即座に理解できる、英文読解速度

の2つです。

 

リスニングの練習というと多くの人は、音の聞き取りの練習をイメージしますが、

多くの人は、話す速度で英文を読んで理解できてないです。

 

目で英文を読む時は、何回か読み返したり、ゆっくり考えたりできますが、

リスニングでは、1回しか聞けませんし、日本語に訳している暇はありません。

英文を頭から順次理解できるスキルが必要です。

 

ゆっくりだと聞き取れるが、早いと聞き取れない人は、

音の聞き取り力よりも、英文読解速度がネックになっていると思われます。

私もそうでした。

 

この英文読解速度を上げる練習が、チャンク音読です。

チャンク音読では、英語のかたまり(チャンク)毎に、

意味を理解して、1回で内容を理解できるようにします。

 

これは、学校でやった1文毎に英文を日本語に訳す和訳とは、

全く違います。

 

最初はゆっくりでも良いので、英文を頭から振返らずに読んで、

理解する回路を頭の中に作ることです。

いわゆる英語脳と呼ばれているものがこれです。

 

この英語脳をつくる練習がチャンク音読で、

具体的な練習方法は次回に紹介します。

 

 

まとめ

リスニングの練習は、

・英語の音の聞き取り力

・英文を頭から理解する英語脳

の2つ練習が必要。

 

・英語脳の強化には、チャンク音読が有効。