みなさん、こんにちは。

JEEPA認定英会話コーチ、Momokoです。

金曜日朝のブログを担当しています。

今日は、なんだかよく見かける"as"についてお話ししましょう。

イメージで捉えよう

"as"は、前置詞としての他、副詞、接続詞などとしても良く使われます。

前置詞として: 「~として」
副詞として:   as~asで「~と同様に」「~と同じくらい」etc
接続詞として: 「~なので」「~のとき」etc

など。

でもイメージにすると1つでイケるようです。

こんな感じ

↓ ↓ ↓

For example

◆ まずは、前置詞の"as"

She works at school as a gym teacher.

彼女は、体育の先生として学校で働いている。

一般的な前置詞としての"as" 「〜として」ってやつですね。

She works at school.(彼女は、学校で働いている)

学校では、沢山の方が働いていいらっしゃいますね。

体育の先生 英語の先生 事務員 校長先生 保健室の先生

これ

色々ある働き方の中で、体育の先生ということですね。

 

◆ 次は、副詞の"as"

Makoto can speak English as well as you.

マコト君は、あなたと同じくらい上手に英語を話すことができる。

Makoto can speak English.(マコト君は、英語を話すことができる)

で、どの位?

あなたと同じ位 ネイティブレベル 日常会話程度 挨拶くらいなら

これ

英語が話せるって言っても様々なレベルがありますよね。

その中であなたと同じ位ということ。

 

◆ 接続詞の"as"

As I have a car, I will go to your home by car.

私は車を持っているので、あなたの家へは車で行きます。

I will go to your home by car.(私は、あなたの家へ車で行きます)

どうして?

車を持っている  自転車を持っている  何も持っていない

これ

映画の中で

今参加しているJEEPAの朝活"Love Story Movie Challenge"

ラブ・アクチュアリーの中で

登場人物ジェイミーがタクシーに乗り込んで運転手さんへ一言

Gatwick airport, please. Fast as you can.

(ガトウィック空港まで。出来るだけ急いでください)

ここは、前に付いているはずの

副詞の "as"が1つ省略されてしまっていますね。

As fast as you can.

この後ジェイミーは、訳あってクリスマスに

フランス、マルセイユへ向かいます。

続きが気になります❤️

Thank you for seeing my page.

Have a nice day ❣️

Momoko Mitani