イギリス英語はアメリカでモテモテ!?

今日もご覧いただきありがとうございます。木曜日のブログ担当、丸山です。

今週も現在進行中のmovie チャレンジシリーズ、「Love actually」を題材にお届けいたします。

ロンドンが舞台になっているこの映画は、イギリス英語がメインですが、アメリカ英語との違いが描かれている場面もあります。

今回は発音に焦点を当てて、その違いをご紹介いたします。

コリンは女性に関しては失敗だらけで全くサエない男。彼は自分がモテないのは、お高くとまっている(be stuck up)イギリス人女性が悪いのだと思いこんでいます。気さくで冗談がわかるアメリカの女の子なら、自分のキュートなイギリス訛り(cute British accent)が絶対ウケるはず!というだけの理由で、ナント、アメリカに引っ越しすることにしました😲

 シーン1 アメリカ・ミルウォーキー空港

アメリカ、ウイスコンシン州ミルウォーキー空港に降り立った彼は、さっそくタクシーでバーに繰り出すことにします。

MILWAUKEE AIRPORT

タクシードライバーとコリンの会話 ( )は字幕

COLIN: Take me to a bar. (バーへ頼む)

TAXI DRIVER: What kind of bar? (バーって?)

COLIN: Just any bar. Just your average American bar. (普通のバーだよ どこでもいい)

ここで、バーの発音に注目です。コリンの発音は、イギリス英語のbɑ́ː 、運転手の発音は、アメリカ英語の bɑ́ːrrです。

アメリカ英語では最後の r をしっかり発音するのに比べ、イギリス英語では後に母音が続く場合以外では r は発音されませんrの音をあまり得意としない多くの日本人にとっては、イギリス英語の方が簡単かもしれませんね)。

Bar の発音は、Cambridge Dictionaryでも比較できます。☞ bar ❘ Cambridge Dictionaryによる英語での発音

(UK(イギリス英語)とUS(アメリカ英語)を選択して聞き比べることができます。)

シーン2 憧れのアメリカン・バー

さあ!いよいよ、念願のアメリカン・バーに到着!コリンはビールを注文することとします。

BAR IN WISCONSIN NIGHT

バーテンダーとコリンの会話 ( )は字幕

BARMAN: Can I help you? (何を?)

COLIN: Yes. I'd like a Budweiser, please. King of beers. (ビールの“王者” バドワイザーを)

BARMAN: One Bud coming up. (バドワイザーね)

 

バドワイザーの発音も、コリンはbʌ́dwaizər を発音していません。アメリカ英語なら、bʌ́dwaizərです。(バーテンダーはバドと省略していますが)

ビールも、コリンはbíə、アメリカ英語はbíərですね。

*バーテンダーの最後の台詞、coming upは、客に対して「すぐ出します」という意味です。「バド一丁!ただいまっ!」っていう感じですね。

シーン3 コリン! 女の子にモテモテ!!

バーテンダーとの会話を聞いていた店内の女性客ステイシーが、コリンのバドワイザーの発音から彼がイギリス人と気づき、話が盛り上がっていきます。

女の子たちとコリンの会話💖 ( )は字幕

STACEY: Oh, my God. Are you from England?   (まさか! イギリスから?)

(で、彼女の女友達も集まって、彼はモテモテ。彼のイギリス訛りが大人気っていうまさかの展開に!)

(途中省略)

(女の子たちが、片っ端からテーブルの上にあるものをイギリス英語で何というかコリンにせがみます)

STACEY: That is so funny! What do you call that? (面白いわ! これは?)

COLIN: Er, bottle. (ボトル)

GIRLS:  "Bottle."  (ボトル)

コリンのイギリス英語の発音を女の子たちは気に入って、マネをして繰り返しています。

mote mote

o の発音は、イギリス英語では日本語のオに近い ɔ、アメリカ英語ではアに近い ɑ になりますので、Bottleはイギリス英語で「bɔ́tl (ボォトゥ)、 アメリカ英語では「bɑ́tl (バァトゥまたはバァドゥ) 」です。コリンたちはもちろん 「ボォトゥ」と言ってますね。

このあと映画ではstrawの発音の違いもでてきますが、beer, bottle, strawの実際の発音の違いははこちらで確認できます。

ビール  ☞ how to pronounce beer - Google 検索

ボトル  ☞ how to pronounce bottle - Google 検索

ストロー ☞ how to pronounce straw - Google 検索

引用先の顔の絵の上にある「イギリスの発音」と「アメリカの発音」を切り替えて比較できます。便利!

Googleの発音チェック機能の使い方については、ミッチェルCokoコーチの過去の記事に詳しく解説されていますからチェックしてくださいね。

☞ トマトはどうやって発音する? Googleの発音チェック機能を使いこなそう!

 

ありがとうございました。今日はここまで、ですが・・・

 

これを読んだ貴男、さっそくイギリス英語をマスターしてコロナ騒動が落ち着いたらアメリカに行こう!とか、コリンみたいなこと考えてます?

私の知り合い(アメリカ英語ネイティブ)に、ホントにこんなにモテるの?と聞いてみましたが、彼は次のように答えてくれました。

「この当時(この映画は2003.11月公開です)はそういう傾向もあったようだけど、今はねえ・・状況が変わってるな。むしろイギリス英語を使ってる人をみると、偉そうにって(arrogant)思っちゃうかなあ。」とか言って笑ってました。これも個人的な感想ではありましょうが。

まっ、自己責任で!お願いします。

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

記事のご感想や、ご質問、リクエストなどをいただけると嬉しいです。英語学習などのご相談もご遠慮なくどうぞ。
こちらのサイト☞「英会話、あなたの想いを現実に!」からお願いします。
(「JEEPAブログの問い合わせ」などとご記入いただけると助かります。)