原動力

子育てママを応援する「JEEPA認定英会話コーチ」の後藤和美です。

毎週月曜日のブログを担当させていただいております。

 

新年を迎えるにあたって、今年こそはクリアしたい目標決められましたか?

毎年、目標を決めるんだけど、なんだか毎年同じことを反省しているな・・

なんてことはありませんか。

 

今日は、私が実感している

前進するために、原動力になることについて書きたいと思います。

 

これを読んだ方にとって、

自分を前進させるものについて

想いを馳せるきっかけになっていただけたら嬉しいです。

 

目標に向かって前進する際に

よく自分がこうなりたいという夢を具体的に思い描くと良い

ということを耳にしますよね

実際に、これはとても有効だと感じている一方で

私がさらに、前進への導いてくれるものは何か?

と考えた時、あることに気づきました

 

それは、そのために人がかけてくれた想いや時間、熱量が原動力になっているということです。

何事においてもそうですが、

自分だけの中で処理しようとすると

今までの自分の方法や

ここまでにしておこうという範囲から抜け出ることが難しいと感じています。

 

スペイン語にしても、英語にしても、仕事においても

フィードバックを受けるのとそうでないのとでは全く違います。

 

メンターがもっと伸ばしてあげたい

そう思う気持ちは

こちらにも伝わり

かけてくれた時間やエネルギーを感じると

あれだけしてもらったのだから、ここで自分が諦めるわけにはいかないのだ。

と踏ん張る拠り所になると感じています。

 

・フィードバックによりもっとレベルの高いことに目を向く

・かけてくれた相手の時間や想い、熱量に応えたい!!

・相手のくれた熱量を無駄にしないためにも頑張ろう!!続けよう!!

そんな風にいい循環を生み出してくれます。

自分のためだけだと、目の前の日常に引っ張られてしまいそうになりますが

 

導こう・助けようとしてくれる人の熱量、想いを感じるとこの人のくれた熱量を思い出し

「無駄にしてはいけない」と

自分に対するハードルをあげて、質の高いパフォーマンスをあげることができる。

 

それに気づいた時

さらに、自分がもらった熱量の恩返しを

他の人にできるように、

 

素敵な原動力を人にもた与えられるよう

いい循環を生み出せる自分でいたい!!

 

そんな風に感じています。

 

 

私の考えに共感していただけたら、

自分がもらった熱量に思い出し、

一緒に一歩前に踏み出していただけたら嬉しいです。

 

仕事でもいい、語学でもいい

目の前のいろいろな誘惑に負けそうな時は、

自分にポジティブな熱量をかけてくれた人や

その時の熱量を思い出してみましょう。

そうしたら、ちょっとした誘惑を吹き飛ばし、きっと前に進むことができるはず!!

 

【間に合わなかった・・というお声をいただき・・】

こっそり期間延長しています

100名以上の方がダウンロード

臨床・研究・教育の3方向から

私自身が医療専門職として

1000組以上の母子ケアに関わってきた経験と知識から作成した

小さな子どもがいても、英語ができなくても、たった一枚で症状を伝えられる

元ハワイ大学がんセンター 医師監修

↓↓↓

「乳幼児のための海外受診おたすけシート」 

  ぜひ、お手元にお持ちだくさい