水先案内人

こんにちは!

JEEPA認定英会話コーチの名嘉山梨恵(なかやまりえ)です。

 

あなたは、水先案内人に道を導いて貰って目的地に着くという方法が

とても楽な方法であると思いますか?

 

はい、私はとても楽で良い方法だと思います。

 

なぜなら、どうすれば目的地に着くことが出来るか知っている方が

引っ張ってくれる方向へ行けばいいのですから。

 

もし、何をしたらいいのか、どこに行ったらいいのかを知らないまま、

右へ行くべきなのに左へ行ったり、

 

料理をすべきなのに掃除をしていたりするのでは、

 

予定していた時間内に予定の場所に付けないという事が

起こるのではないでしょうか?

 

または、たどり着くために、海なら、

会場での地図なるものが読めたり方角を定められたり、

...、

 

何をしてよいか分からない場合、その何をするべきかを探し求めて

 

アタフタする時間を過ごしたり、

不安でずっと動いて休めない、

 

そんなことも起こり得ます。

 

さて、水先案内人(みずさきあんないにん)をウィキペディアで探してみました。

 

「船舶の運航時に乗組員に適切な水路を教えるとともに、

そのための操船を指示する人」。

 

今ここに行きなさーい!

今この操作をしなさーい!

 

と、言ってくれるわけですよね。

 

だから「知らない所に行っていた」、とか、

辿り着いているはずが、、「辿り着けないの?」とか、

 

あんなに頑張ったのに、「頑張った違いで

欲しいものには、ありつけていない。」

 

(つд⊂)エーン。えーん。

 

と、それでは、お金も時間も労力もただマイナスしていることになるので、

 

私は水先案内人の存在を「ありがたい」と思います。

 

はて、なんでこんな話をしているのですか?

 

そもそも「コーチ」はその「水先案内人」です。

 

今どうしたらいいのー?

どこに行くのー?

 

を、広い海の、または水路で安全に目的地に着くために、

案内人に聞いて進むことは賢い人です。

 

自ら正しいと思っている道(方法)でも、

ついには崩れてしまうものもあるからです。