ハワイでのお正月ってどんなんだったかなぁ

 

子育てママを応援する英会話コーチの後藤和美です。

毎週月曜日のブログを担当させていただいております。

 

今は、自由にいくことのできない海外。

でもせめて気持ちだけは、なんとなく日本の外の雰囲気を感じたいなぁ。

楽しいことを想像したいなぁ。なんて思いませんか。

今日は、自分の回想も込めて

懐かしいハワイでの新年の過ごし方について書いてみようと思います。

この記事を読む時間が、今は行けない海外に思いを馳せてもらう時間になったり、

海外でのお正月になるほど・・と雑学の一つにしてもらえたら嬉しいです。

 

お正月をハワイで過ごしていて感じたのは、

海外に住む日本人や日系の人々にとって

日本の文化に触れるということが、人々の心の拠り所になっているのだなぁ。と実感しました。

 

日本にいるときは当たり前になっていた、日本のお正月。

あまり気にしていないつもりでした。

むしろ、日本ではできない経験の方に目がいっていて、

ハワイのワイキキに住んでいた私たちは、

カウントダウンの10分前くらいにワイキキビーチにてくてく歩いて行き、

その場にいるたくさんの人とカウントダウンをして、打ち上げられる花火を見て、

HAPPY NEW YEARをいい合う。

そんな空気を楽しんでいました。

ハワイカウントダウン

そんな私たちも、

日本を味わう機会がありました。

 

1. 日本の家族から送られてきた蕎麦やお餅で、年越し蕎麦とお雑煮をいただく

日系のスーパーに出向くと、日本のお正月に必要なものが沢山置いてありますが、

日本の2.5倍のお値段、ものによってはもっと! 高級品です(笑)

 

2. 友人のご厚意により、おせちを分けてもらい家族でいただいた

ありがたいおすそ分けに心がほっこりしました

 

3.  日本の高知城を模した教会があり、そこに集まった日系の人たちと一緒にお餅つきに参加する。

参加者皆で、お餅を一緒に食べ、新年のご挨拶をする

マキキ教会

https://happy-aloha.com/makiki/

特に、3の経験はとても新鮮で、

身体の中に刷り込まれた、日本の日常を感じることが、日系として違う土地で生きる人たちの心の支えになってきことを改めて感じました。

 

今よりもずっと重い決心を必要としたであろう

日本から移住した人々の想いの積み重ねが

お城の形をした教会や

イベントに現れているなぁ・・

その積み重ねのおかげで私たちも、

ハワイにいながらも日本を感じるお正月を送れたことに改めて感謝の気持ちでいっぱいでした。

 

ハワイでのお正月?意外でしたか?

それとも、予想通りでしたか。

新鮮さや、へーという気持ちを味わってもらえたら嬉しいです。

 

お正月はもう終わってしまいましたが、

日本の文化について改めて、想いを馳せ、

忙しい中でも、こういった行事の一つ一つを味わっていきたいですね。

 

【間に合わなかった・・というお声をいただき・・】

こっそり期間延長しています

100名以上の方がダウンロード

臨床・研究・教育の3方向から

私自身が医療専門職として

1000組以上の母子ケアに関わってきた経験と知識から作成した

小さな子どもがいても、英語ができなくても、たった一枚で症状を伝えられる

元ハワイ大学がんセンター 医師監修

↓↓↓

「乳幼児のための海外受診おたすけシート」 

  ぜひ、お手元にお持ちだくさい