"TH"の発音は、舌を噛む?

こんにちは。

今日もご覧いただきありがとうございます。

金曜日ブログ担当、JEEPA認定英会話コーチ Momokoです。

今日は、”TH”の発音についてです。

ローマの休日

高校の時、英語の先生が

「ローマの休日のオードリーヘップバーンの

"thank you"の発音は、王女らしい綺麗な発音ですね。」

とおっしゃていたことを思い出します。

(出典:映画『ローマの休日』公式Facebook)

オードリーヘップバーンが1953年初主演をした映画。

ヨーロッパ某国の王女アンが

王族としての窮屈な暮らしから逃げ出し、

グレゴリー・ペックが演じるアメリカ人新聞記者と恋に落ちる

というお話しですね。

イギリス英語には、階級によって異なる英語が使われてきたという歴史があり、

「クイーンズ・イングリッシュ」なんて呼ばれていますね。

その王女らしい"Thank you."は、

最後の方、記者会見に臨む場面です。

是非チェックしてみて下さいね❤️

美しい発音のキモは、”TH”にあり

"thank you."の発音が美しく聞こえるキモは、"TH"にあります。

発音記号で表わすと[θ]や[ð]

[θ]は声帯が振るえていない無声音

”think" や”thank”などの音。

[ð]は声帯が振るえている有声音

"this" や"the"の音ですね。

日本語にない音なので苦手意識が強い方も多い音です。

では、どのように作られる音なのでしょう?

[θ]や[ð]は舌を噛む?

[θ]や[ð]は、摩擦音。

上の歯と舌先の間を空気が通る時に生み出されます。

口のカタチを上前歯が2本見えるカタチにして、

舌先を上の歯に添えます。

そして肺から空気を押し出します。

空気が通らないと音が出ませんので、

舌先は、噛まない方が良いでしょう(笑)

口のカタチを前から見ると。。

横から息の通りを確認すると。。

舌は恥ずかしがらずに、しっかり出しましょう。

日本語の発話の時にはないカタチなので、

ちょっと躊躇しがちですが、

思い切って出して下さい。

そして、ツバキが飛んでも気にせずに、

息をしっかり吐きましょう。

舌を丸められると。。?

余談ですが、一説によると、

子供の時にやっていた、舌をU字型に丸める口のカタチ。

これが出来るとTHの音が上手に出せるという説があります。

要は、上の歯と舌先の隙間に息を通して出す音なので、

確かに舌をスプーン型に出来た方が出来た方が

空気が通るスペースが出来やすいですね。

しかし、まぁまぁ出来ないアメリカ人もいるそうです。

ですので、出来なくてももちろん問題なし。

コツを掴めば大丈夫です。

しかし「どうしても出来ないことが気になる〜!」という方は、

手を使って練習すると出来るようになるらしいですよ(笑)

知人が証明済みです。

Momoko
記者会見の場所は、『コロンナ宮殿』
個人所有地らしいですが、
(土)の午前中だけ、見学可能らしいです。
早く、旅行に行けるようになると良いですね。

Thank you for seeing my page.

Have a nice day ❣️

Momoko Mitani