丸山幸彦と申します。一緒に、大きく成長しましょう!

「この齢で英会話を学ぶのは・・」

と言う高齢の方、けっこうみえます。本当にそうでしょうか。若い頃と比べると集中力や記憶力に少しばかり翳りはあるかもしれません(勝手にそう思い込まないほうがいいですが)。仮にそうだとしても、逆に「年齢を重ねた人だからこそ」ってこともあります。そして、英会話の習得にはそこがとっても大きいのです。

「英会話」は、「英語」で行う「会話」。つまり「英語」は修飾語のようなもので主役は「会話」。言語の違いに関係なく、お互いに分かりあおうとする意欲が大事です。

また日本語を英語に訳したいとき、自分が知っている英語には当然、限界がありますので、「(自分が言いたい)日本語を(その時点の、自分の力で英語にできる)日本語に言いかえる」という作業が必要です。日本語を他の日本語に置き換えるということです。

英語を日本語にする場合も同じ。私は英日翻訳の仕事もしていますが、大切なことは英文の真意をしっかり理解し、それを違和感のない日本語に「再生産」することと言われています。ここでも日本語力が大事なのです。

齢を重ね人生の経験値の高い方や日本語をよく知っている人(あれやこれや日本語を言い換えるのが上手い人)が英会話を習得しやすいという理由がここにあります。(私もまだまだ至りませんが。)

初めまして。

丸山幸彦と申します。私は30年以上を公務員として働き、還暦も過ぎた今、子供の頃には1ミリも想像していなかった英語に関する仕事をしております。

私にとって英語は、純国内(しかも田舎)の中学・高校の学校英語がベースです。先生は生粋の日本人。英語も先生も嫌いではなかったので、カタカナ英語でものびのび勉強していました。その後理系の大学に進学し、一気に英語から遠ざかってしまうことになりました。(ちょっと悔やまれるところです。)

一旦は英語から遠ざかってしまったものの仕事で英語が必要になったこともあり、社会人になって初めて「英会話」を勉強することになります。田舎の先生と違い、本物の外国人が真っすぐに自分を見ている・・だけでプレッシャーです。「先生の発音がほぼ分からない」、「簡単な文が作れない」、「なにか聞かれると頭が真っ白になる」。少し悲しい思いから私の長い英語学習の旅が始まりました。

まあまあ紆余曲折ありましたが、

今、私は「英会話には学校英語は役立たない」とは全然思っていません。当時覚えた英単語は今でも宝ですし、最低限の言葉のルール(文法)もやはり大事です。ただ、会話をするうえで効率の悪い勉強法や不足している技術のようなものはあります。それを皆様と共有し、お役に立つことができれば嬉しいです。

次回は、「ワクワク楽しく英語を学ぶ」ということについてです。

 

記事のご感想や、ご質問、リクエストなどをいただけると嬉しいです。英語学習などのご相談もご遠慮なくどうぞ。
こちらのサイト☞「英会話、あなたの想いを現実に!」からお願いします。
(「JEEPAブログの問い合わせ」などとご記入いただけると助かります。)