抱きしめる

「子育てママのための英会話コーチ」

後藤和美です。

 

2021年が始まって、

1ヶ月が過ぎようとしています。

年明けから、

いろいろなことが始まり、

忙しさに負けて

ちょっと一息つきたい・・

 

そんな時ってありますよね。

今日は、自分の小さな頃のわだかまりが、

今に与える影響について、

優しく気づかせてくれる

一冊のバイリンガル絵本を紹介させていただきます。

 

自分の中にある思いを優しく満たすきっかけ

前向きに

一歩へ踏み出す

エネルギーになっていただけたら嬉しいです。

 

今、ご自身のお子様や

身近な大切な人を大切にしたい

なのに

うまくできない時は

もしかすると、

自分のコントロールの及ばない場所に

原因があるかもしれない・・

そのことに気がついたら

自分を満たし、「オッケー」をあげることで、

完璧じゃなくても、

なりたい自分に一歩近づことができる

そんな気づきを与えてくれる絵本です

 

理想のママのつくりかた

 

理想のママの作りかた

森野さかな 作・絵

論創社

 

久しぶりにこの本を

選んだ子どもたち。

 

息子からは英語で読むことを求められ、

娘からは日本語で読むことを求められたため

「1回ずつね〜」と声をかけ読み聞かせました。

 

英語と日本語のニュアンスを楽しむと同時に

その内容に自分の中に隠された

深い意味について考えさせられました

 

1.  おこりんぼのお母さんの中に隠された小さな少女の存在

2. 小さな少女の中にある思いに気づくことの大切さ

3. 気づいた思いを優しく温かく抱きしめてあげることの大切さ

 

よく、小さな頃に作られた思い込みが、

いい意味でも悪い意味でも、

その人の長い人生に大きな影響を与えるといいます

 

一方で、その思い込みに気づき、

それを認めることで

これからの自分を変えていくこともできる。

自分の小さな頃に思いを馳せ、

こんな風に過ごしたかったなぁ

こんな風にしてほしかったなぁ

もしも、そんな小さな自分を見つけたら、

優しく声をかけ抱きしめてあげてください。

そうすると、今まで見えていた世界と違う世界にきっと踏み出すことができますよ。

絵本の中の英語と日本語の違いを味わうと同時に、

物語から自分の眠っていた感受性を引き出し

自分を癒す時間・・

ぜひ、味わっていただきたいです。

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

ブログに関する「ご感想・ご質問」、「個別コーチンング」に関するお問い合わせはこちらからお願いいたします。

無料メルマガ えほんと英語の世界 おうちグローバルのすすめ発信中