"in the street"と"on the street"の違い?

こんにちは。

今日もご覧いただきありがとうございます。

金曜日ブログ担当、JEEPA認定英会話コーチ Momokoです。

今日は、前置詞、"on" と "in" についてちょっと深掘りです。

"in" と "on" のコアイメージ

まずそれぞれの持つコアイメージをイラストで確認してみましょう。

以前の投稿で、

『イメージでつかもう、場所をあらわす in / on / at』

それぞれの持つイメージを

"on"は、2次元のイメージで接地している感じ。

"in"は、3次元的に中に入っているイメージとご紹介しました。

"on the street" と "in the street"

通りに走っている車を表現する場合、

下記のどちらを使用するでしょうか?

(1) "there is a car on the street."
(2) "there is a car in the street."

どちらも使われるのですけれども。。

アメリカでは、車が走っている場合は、

(1) "there is a car on the street."

で表現されることが一般的です。

 

Google画像検索をしてみるとこんな感じ。

"there is a car on the street."

"there is a car in the street."

こちらは、道に止まっている車のイメージですね。

最初のイラストを思い出してみて下さい。

"on"は、面に接地しているイメージなので動けそうですよね?

では、"in"は?

内部に入っているので、動けなさそうですね。

そんなイメージを持っていただくと

理解しやすいのかなと思います。

アメリカ英語とイギリス英語

アメリカ英語では、

"on the street."がスタンダードですが、

イギリスでは、

"in the street."がよく使われるそうです。

 

それは、イギリスは既に都会で、

通りがビルに挟まれた空間だったから "in the street "

それに対し、アメリカは田舎で,

周りに何もなかったので、"on the street" になったと言われています。

確かにこれ↓と同じイメージですね。

日本語の"てにをは"と一緒で、

英語の前置詞もこれといった決まりがあるのではなく、

環境によって使い方が変化している

というところも興味深いですね。

Thank you for seeing my page.

Have a nice day ❣️

Momoko Mitani