お部屋の快適さ(ロンドンvs東京)in Winter

こんにちは。

今日もご覧いただきありがとうございます。

金曜日ブログ担当、JEEPA認定英会話コーチ Momokoです。

立春も過ぎ、少し春の気配を感じる日もありますが、

まだまだ寒い日が続いていますね。

Love Actuallyのお部屋

先日、JEEPAのチャレンジシリーズ”Movie challenge”

Love Actually”を観ていて、「おや?」と思ったことがあるのですが。。

それは、お部屋の中でかなり薄着の人たちが居ること。

この映画は、ロンドンを舞台に、クリスマス直前の男女19人の

恋模様をそれぞれの視点から描いていくラブストーリー。

屋外のシーンでは、白い息が出ています。

そうロンドンの冬は、寒いはず!

12月の平均気温は、最高気温が9℃最低気温5℃。

そしてロンドンといえば、幽霊が出る家の方が賃料が高いと言われるくらい

古い建物を大切にする文化。

寒くないのかな?

世界の冬の室温とガイドライン

ちょっと気になったので調べてみました。

世界の住宅事情。

イギリスでは、「室温の低さ」が人体に与える悪影響に注目し、

冬場の最低室温として「18℃」を推奨。

そして、なんと!

この室温に関する基準を満たしていない賃貸住宅のオーナーには、

建物の改修・閉鎖・解体命令などが下される厳しい内容の法律

が制定されています。

 

世界の冬の室温を比べてみましょう。

 

イギリス 15.2℃

デンマーク 18.4℃

アメリカ 20℃(ネイティブチチャーサラのお家は、もう少し寒そうだけど。。)

日本は、10℃。飛び抜けて低いですね。

 

ドイツ、フランス、スウェーデンも、

「暖かい家は『人権』である」という思想のもと、

最低室温は18~23℃でなければならないと法令で規定されているそうです。

住宅オーナーは、大変ですが、

国民の健康を守るため、素晴らしい法令だと思います。

WHO(世界保健機関)2018年ガイドラインでも

18℃以上をキープしましょうとうたわれています。

日本の冬の室温

日本の住宅は、住宅の断熱、省エネ事情がかなり遅れているためと言われています。

室温を快適な状態に省エネルギーで保つことのできる

断熱機能を有している住宅は、全体の住宅の8%あまり(平成11年度の規制に沿った住宅)

全住宅の80%程度が無断熱材、あるいは低断熱材の住宅です。

省エネそして、健康面で考えてもよろしくないとはわかっていても、

どうやらコスパの問題で、新築住宅の施工にさえ、

適合義務化が見送られたという話し。

平成11年規制の断熱等級4を施工する初期費用が87万円に対し、

暖房費の削減効果は年間25,000円程度しか見込まれず、コスパが合わない。

全ての施主に強制することはできないということらしいです。

他にも色々理由はあったのかと思いますが、

そんなことより、命の問題ですよね。

ヒートショックにより亡くなられる人は、年間19,000人にもなるそうです。

由々しき問題です。

身近な問題

そして身近な現実問題。

義母が一人で暮らす一軒家。

朝の室温は、『5℃』!!

命に関わる問題なのですが、

本人曰く「慣れているから大丈夫」f(^_^;。。。

いやいや、リフォームして欲しいです。

調べてみると、

「高性能建材による住宅の令和2年度 高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業」

というのがあり、国から助成金が出るみたいです。

公募期間:2020年12月15日(火)~2021年2月26日(金)17:00必着

もう少し声高らかに発信して欲しいですね。

急がないと、間に合わない!

早速、リフォーム強く勧めてみます。

皆さんのおうちはいかがですか?

Thank you for seeing my page.

Have a nice day ❣️

Momoko Mitani

 

データ参照HP:メイプルホーム、住ま居る、国民生活センター