Where is your heart ?(心はどこにある?)

こんにちは。

今日もご覧いただきありがとうございます。

金曜日ブログ担当、JEEPA認定英会話コーチ Momokoです。

今日は、前置詞のお話です。

前置詞を日本語における「てにをは」のようなものだと考えると、

少しややこしくなってしまう時がありますね。

そんな時は、コアイメージで掴んでいこー!

といつも考えています。

そんな中、とってもわかりやすい、

というか、

日本語のイメージととても近くわかりやすい例文がありましたので、

一緒に見ていきましょう。

"on " と "in"

(1)  ”What is on your mind?"

(2)  "Tell me what you have in mind?"

"on"  "in" のコアイメージを復習しましょう。

わざと少し直訳っぽく訳してみます。

(1) あなたの心の上にのっているものは、何ですか?
(2) あなたの心の中にあるものを聞かせて下さい。

これでも十分、何を伝えたいのか伝わってきますよね。

もう少し日本語らしく直しましょう。

(1) 気がかりなことは、何ですか?
(2) どんな事をお考えですか?

心はどこにある?

さてあなたは、ココロは、どこにあるとお考えですか?

まずは、英語の"mind" のイメージを掴むためにgoogleの画像検索をしてみましょう。

言葉のイメージを掴むのにとても良い方法です。

是非あなたもやってみて下さいね。

どうやら、頭の中にあるみたいですね。

ちなみに心を英語にした時には、この4つに分かれます。

① heart : 感情の中心としての心(後、純粋に”心臓”)
② mind : 思考・認識・判断などの働き
③ spirit : 肉体を超えた「精神」や「魂」
④ soul : 精神の宿る場所としての心

一方日本で心は、どう考えられてきたのでしょうか?

「"心" "イメージ"」 でgoogleの画像検索をしてみます。

こころちゃんが多くてちょっとわかりずらいけど(笑)胸のあたりかな?

少し時代を遡って、『万葉集』の歌をみてみましょう。

むら肝の 心くだけて かくばかり わが恋ふらくを 知らずかあるらん

(身体の中の沢山の心が砕けて、こんなにも私が恋しているという事を、貴方は知らずにいるのだろうか)

むら肝は、「沢山の内臓」という意味だそうです。

頭ではなく、どうやら胸の中にあると考えていたようですね。

そしてこころの語源は、

「コリコリ(凝凝)の約転」

また「コロコロ(凝々)の約」、「コゴル(凝る)」の義とある。(日本語源辞典、小学館)

心は目に見えないのに、コリコリ固まったもの?

そもそもの日本人の考えを紐解くためには、

大和言葉(ひらがな)の解釈を

深めていくと良いみたいです。

音が同じものは語源が同じだったり、繋がっていたり。

「話す」と「放す」とか

「円」と「縁」

「花」と「鼻」とか。

語源が気になって調べていたら、英語ではなく

いつの間にか日本語の沼にハマってしまいました(笑)

とても興味深い内容です。(まだ読みかけ❤️)

Thank you for seeing my page.

Have a nice day ❣️

Momoko Mitani