リエゾンを制するものは、発音を制す

こんにちは。

今日もご覧いただきありがとうございます。

金曜日ブログ担当、JEEPA認定英会話コーチ Momokoです。

 

Pronunciation Challenge (Intermediate)

英語発音チャレンジ(英語発音中級者向け)

4月26日(月)6:20〜(4週間チャレンジ)

募集を開始しました。

今回は、私もコーチとして参加させていただく予定です。

どんなことをやるの?

講座の内容は、リエゾンを中心として、

その他には、発音のポイントとなる子音の音、

母音の音の出し方、リズムの取り方、息の繋げ方など。

スライドを見ながら毎回ご一緒に発音することを中心として、

歌を聞いていただいたり、

ショー(テレビ番組)を見ていただいたりと盛り沢山な内容で、

毎日楽しく学んでいきます。

 

もちろん目的は、発音の向上です。

ただ、「発音がわかったら、聞き取る力もアップした」

という感想を多数いただいています。

人間、口から出せる音は、耳でキャッチ出来るんです❤️

リエゾンてなんだっけ?

元々は、フランス語(liaison)

単独で読む場合には発音されない語末の子音字が、

直後に母音が続くことによって発音される現象のことをさす言葉ですが、

日本語でいうリエゾンは、英語における

「連続することによって起こる音の変化」を指している場合がほとんどです。

具体的には、下記3つのパターン。

(1)繋がってくっ付く音

(2)繋がることによって消える音

(3)繋がることによって音が変化する

内容を 具体的にちょっとだけ。。

例えば。。

(2)繋がることによって消える音

”t"と"d"がくっ付くと前の音が消える現象について

このことを具体的にひとつずつ一緒に練習していきます。

(1)繋がらないで別々に発音すると。。(it/to)

”t" 口の形などを確認していきます。

(2)繋がると。。(it to)

前の”t”を発音しなくなり、小さい間が残る感じとなります。

(3)文章になった場合はどんな感じ?(take it to school)

文章の中、どこにあっても「リエゾンポイント」

だとすぐ気付けるように練習していきます。

なぜリエゾンを中心に?

発音において、

それぞれの音、例えば”L"と”R"の発音も大切なんだけれども。。

リエゾンが出来ていないと、ネイティブはとても聞き取りづらいらしいのです。

そもそも「なぜリエゾンするのか?」というところに立ち戻ると。。

きっちり発音すると舌の位置移動が煩雑なので、

お口(舌)が移動をサボって

位置を変えないために音が変化しているということなので、

ネイティブは、早く話そうとすると

自然にリエゾンしちゃうんです。

それに逆らって全部きっちり発音すると

ネイティブにとっては、超不自然に感じ。

音が拾いづらい。

そして、リエゾンすることに慣れているので、

ゆっくり話す時にもネイティブはリエゾンしています。

 

日本語に例えると文章を全部ひらがなで羅列している位に違和感を感じるそうです。

「わたしはそれをがっこうへもっていく」

「私は、それを学校へ持って行く」

↑ ↑ ↑

漢字、句読点があったほうが読みやすいですね。

 

身の回りにある英文、リエゾンに注目しながら是非音読してみて下さい❤️

ほんの短いものでも、必ず「リエゾンポイント」があります。

是非「リエゾンポイント」を探しながら読んでみて下さいね。

Thank you for seeing my page.

Have a nice day ❣️

Momoko Mitani