「〜の上に」だけではない  "over"を理解する

こんにちは。

今日もご覧いただきありがとうございます。

金曜日ブログ担当、JEEPA認定英会話コーチ Momokoです。

先日、次のブログに何書こうかなぁ?」「そろそろネタが尽きてきたなぁ。。」

なんて思いながら歩いていたら、『駅』で前置詞に当たりました。

ホームドア

最近、数多くの駅で見かける、ホームドア。

ここに前置詞が沢山並んでいました(笑)

英語圏では、"platform screen doors"、"automatic platform gate"と呼ばれています。

ちなみにこのホームドア、日本では、

1970年に開催された万博のモノレールのホームへ設置されたのが最初。

常設設置の始まりは、

1974年東海道新幹線熱海駅に設置された「可動式ホーム柵」、

列車通過時の列車風が危険な状態にあったため設置されたそうです。

列車風の危険だけでなく、酔っ払いがホームから落ちたり、

自殺を抑制する効果もありますね。

現在では、全国858駅に設置されているそうです。(R1年国土交通省調べ)

ホームドアの表示は、こんな感じ。

ありますよね?

でもいつもは、イラストしか見ていないかも(笑)

"over"

本日は、1つ目 ”over” を解説しましょう。

Please don't lean over the platform.
のりださない。

 

まずコアイメージを捉えましょう。

辞書で調べてみると"over"の意味には、

~の上に
~超えて
~を乗り越える
~以上
~の間

などがあります。

some examples

●〜の上

The moon is over our house.
月は我々の家の真上にある。

これはイメージしやすいですね。

●〜超える

The cat jumped over the wall.
猫は壁を飛び越えた。

おおいの上を越える感じ。これもわかりやすいですね。

【ちょっとわかりづらい例】

●〜ながら

Let’s talk about it over coffee.
コーヒーでも飲みながら話しましょう

「〜しながらとという意味がある」覚えようとすると大変だけど、

上のイラストをイメージするといかがでしょう?

コーヒーをTalkが覆っていますね。

同じイメージで以下もいけます。

Could you look over the document?
この書類に目を通してくれますか?

Can you watch over my baggage?
私のスーツケース見といてくれる?

Let's go back to the platform.

駅に戻りましょう。

Please don't lean over the platform.
のりださない。

"lean"は、上体を曲げる、乗り出すなどの意味がありますね。

こんな感じかな?

危なそうf(^_^;   気をつけましょうね。

Thank you for seeing my page.

Have a nice day ❣️

Momoko Mitani