「in time」「on time」の違い

こんにちは。

今日もご覧いただきありがとうございます。

金曜日ブログ担当、JEEPA認定英会話コーチ Momokoです。

今日は、前置詞 "in" と ”on" 時間編です。

ギリギリセーフ

"in time" と "on time"

ギリギリセーフだった時は、どっちを使いますか?

何となく、"in"は、中に収まっている感じ、

”on”は、ぴったり上に乗っている感じなので

"on time”の方がギリギリセーフなのかな?

と思いませんか?

でも実際には、" in time"の方がギリギリな時に使います。

イメージで掴もう

◆"in"

「時間に間に合う、時間内に」という意味になります。

 

◆"on"

締め切りなどの区切りに対して

ぴったり寄り添っているイメージです。

「時間通りに」というニュアンスがある

 

今回は、ちょっと差がわかりずらいので

英英辞典でも調べてみましょう。

英英辞典(ロングマン)

"in time"
before the time by which it is necessary for something to be done.
In time means ‘early enough for something or to do something
 英英辞典(ロングマン)より
"In time"は、「何かをするために十分早い時間に」ということですね。
なので、例えば、
  • I got here in time for the last train.(終電に間に合った)
  • I 'll be home in time for dinner.夕食に間に合うように帰宅出来るだろう)
※"in time"は、基本的には、何か時間的な区切りがあるものに対して、
間に合う、間に合わないということを表現するものなので、
"in time  for 〜"
目的語があることが普通です。
"on time"
at the correct time or the time that was arranged.
On time means ‘at the correct or agreed time’
英英辞典(ロングマン)より

一方"On time"は、「決められた時間に」ということですね。

なので、例えば、
  • The train arrived on time.(電車は、時間通りに到着した)
  • Make sure you are here on time tomorrow.(明日は時間をしっかりと守るように)

    といった感じで使います。

    ギリギリセーフに戻りましょう。("just in time"と”right on time)

     

    予定されている準備のために用意している時間の中で

    ギリギリのニュアンスがあります。

     

    一方"right on time"

    ちょうど決められていた時間に

    仕上がったイメージです。

    補足

    しかし結局のところ、"just in time"もあえて日本語にするとギリギリと訳すが、

    ギリギリセーフというほどのものではないそうで、

    「ちょうど間に合って」

    何かが起こるほんのちょっと前、ほぼぴったりぐらいの感覚なんだそうです。

     

    "Just in time"といえば、トヨタが掲げている生産方式『JIT』がありますね。

    「必要なものを、必要なときに、必要なだけ」

    そう、結局ギリギリではなく、ちょうど間に合うという意味になります。

     

    ギリギリ感を出すためには、

    (間に合わなかったら大変なことが起こったかもというニュアンス)

    ”in the nick of time”を使うと良いそうです。

    He arrived in the nick of time.

    彼は間一髪で到着した。

    とは言え
    ”just"じゃなくて
    "I always finished my project in time."
    "I'm always on time.
    でいたいですね。

     

    Thank you for seeing my page.

    Have a nice day ❣️

    Momoko Mitani