皆さん、今日は。

JEEPA認定英会話コーチのジョーンズです。
如何お過ごしでしょうか?
今日のメルボルン、気温は17度で曇りのお天気です。
皆さんのお住まいの地域はどんなお天気でしょうか?
もう12月ですね。我が家では今週末、クリスマスツリーの飾りつけをする予定です。
毎年、バタバタな12月となってしまうので、今年こそは計画どうりに進めようと決心する月初でありました。。。☺
さて、今日のブログは先々週から引き続き、バイリンガールのチカさんのYouTubeビデオから、Japan Times STの編集長、高橋さんへのインタビューで、アウトプットの仕方についてです。
では、どうぞ。

如何でしたでしょうか?
以下に参考になった部分を書き出してみました。
日本にいる方は、どの様にアウトプットすれば良いか?
  • 実際にコミュニケーションをとって練習するのは間違いなく必要であるので、  英会話スクールに通って、先生に分からないところを質問して、会話をする。←JEEPAのエクササイズにはネイティブスピーカーレッスンが含まれています。また、多くのネイティブスピーカーは教員免許等を取得していますので、英語に関する疑問点等をお尋ね頂けます。
  • 今日起きたことを3つ寝る前に英語でいう。←JEEPAのMBSコースには5文添削が含まれています。毎日、5つの英作文を提出して頂きます。これを90日間続けて頂く事で習慣化されます。
  • 日記を書く(辞書を手元に置いて)→声に出して言ってみる。

(  添削された5文を音読して頂く事で、ご自身が使う日常英語の練習が出来ます。)

↑日記を書く場合、自分が言える範囲のことしか言えなくなるので、辞書を使うことによって語彙を増やして言える範囲を広げる。

ex:英文記事を読んで、これを自分の言葉で要約する。
一回記事を読んでいるので、そこに使われている表現がそのまま使える。
読むがインプット、まとめるがアウトプットになる。
これは、インプットとアウトプットが結びついた活動なので、定着がはやい。
インプットしたらすぐアウトプットする。
海外ドラマでもオッケー。
登場人物のセリフを自分で喋ってみる。
イマジナリーフレンドを作ってみる。
一人で英語を喋る時、何もテーマがなければ、出てこない。
言いたい事があっての英語
シチュエーションを頭で描いて英語でいう。←JEEPAの会話練習はネイティブスピーカーによる日常会話(友人との挨拶、買い物、道を尋ねる等。)をシャドーイング、リピーティングするものなので、状況をイメージしやすくなっています。
↑自分にありえそうなシチュエーション
英語学習は悩活にも良い。
英会話の先生と実際に話してみる。積極的に話しかけるのが大事。日常が英語のちょいたし。必要最小限ではもったいない。
語学学習はやめた瞬間落ちる。
やればやっただけ伸びる。
なるべく海外にいるのに近い環境を自分の周りにつくる。
  • なるべく情報は英語で入れる。
  • パソコンの設定
  • 音声検索を英語設定にする。
  • 英字新聞を読む。
  • 日本語を英語に置き換えてみる。

重要

  • Outputしたとしても、Feed backがないと正しいことを言っているかもわからない。←JEEPAのエクササイズは、課題を録音して発音担当が添削した後、ご確認頂ける様になっています。また、エクササイズ内で、塾長による、発音指導のビデオが流れます。
  • モチベーションを維持するのが難しくなってくる。←エクササイズ、ネイティブスピーカー、日本人コーチ、JEEPAスタッフへのご質問でモチベーションを維持。
ここで、JEEPAのエクササイズの仕組みのご紹介です。
JEEPA V1←こちらをクリック

JEEPAのエクササイズには日常がテーマになっている会話例をシャドーイング、リピーティングする部分が含まれています。

文字を見てしまうと視覚に頼ってしまうことになるので、ここは耳で聞いて、シャドーイング、リピーティングして頂き、一回目で上手く聞き取れなければ、↓の手順で、進めて頂きます。この工程を踏む事で耳と脳が繋がります。
JEEPA V2←こちらをクリック。
エクササイズの後、スピーキングチェックをすることで、エクササイズの内容で、話せるかを確認します。
日本人コーチと話して頂く事で、普段の疑問を解決。
ネイティブスピーカーと話す事で、エクササイズで学んだ事を実践して頂けます。
確実に英会話力を伸ばして頂ける仕組みが出来ています。
JEEPAエクササイズ、気になる方はこちらまで。ここをクリック
では、今日はこの辺で。
Have a nice day💕
ジョーンズ

Hi everyone,

this isYumi, a JEEPA certified English conversation coach.

How are you doing?

It's 17 degrees and cloudy in Melbourne today.

It's already December. We are planning to decorate the Christmas tree this weekend.
Every year, December gets so busy with activity, so this year, I decided to go ahead with the plan

at the beginning of the month.

Continuing from last week, today's blog is an interview with Mr. Takahashi, Editor-in-Chief of the Japan Times ST, from a YouTube video by Chika, a bilingual girl, on how to produce output. 

So here you go.

 

How did you like it?
I've written down the parts that were helpful below.

If you are in Japan, how should you output your information?

  •  It is definitely necessary to practice by actually communicating, so go to an English   conversation school, ask the teacher questions about what you don't understand, and have a conversation. JEEPA's exercises include native speaker lessons. In addition, each native speaker is a licensed teacher, so you can ask them any question about English.
  • Say three things that happened today in English before you go to bed. ←JEEPA's MBS          course includes 5 sentence corrections. You will be asked to submit five English essays every day. If you continue this for 90 days, it will become a daily habit. You know, consistently doing your daily habits make them stronger – just like muscles.
  • Write in your diary (with a dictionary at hand) → Say it out loud. ←You can practice your own daily English by reading aloud the five sentences that have been corrected.
  • When writing a diary, you will only be able to say what you can say, so use a dictionary to expand     your vocabulary and widen the range of what you can say. →ex: Read an English article and             summarize it in your own words.
  • Since you have read the article once, you can use the same expressions used in the article. Reading is input, summarizing is output. This is an activity that combines input and output, so retention is     fast.
  • Output as soon as you have input. You can do this by watching a foreign drama. Try speaking the      lines of the characters yourself.
  1. Try making an imaginary friend. When you speak English by yourself, if you don't have a theme, you won't be able to come up with anything.↑Use English is for saying something you want to say.
  2.  Imagine the situation in your mind and say it in English. ←JEEPA's conversation practice is based   on daily conversation of native speakers (greetings with friends, shopping, asking for directions, etc.). ←This makes it easier to visualize the situation. (These are the Situations that could happen    to you.)

Learning English is also good for life.

Try talking to an English conversation teacher. It's important to be proactive in talking to people.

Everyday life is made of a little bit of English.

It's a waste of time to do the minimum at native speaker's class.

The moment you stop learning a language, you will fall.

The more you do, the more you will improve.

Create an environment around you that is as close to being abroad as possible.

 

Put as much information in English as possible. 

  • Set your computer's voice search to English.
  • Read English newspapers.
  • Try to replace Japanese with English.
  • Even if you output information, you will not know if you are saying the right thing if there is no feed  back. ←JEEPA's exercises are designed to record your assignments and you can check them after    the pronunciation expert corrects them. In addition, a pronunciation instruction video will be played  in the exercise.
    •  It becomes difficult to maintain motivation. ← Maintain your motivation with exercises, questions to native speakers, Japanese coaches, and JEEPA staff. Here is an introduction to the structure of         JEEPA's exercises.

    JEEPA V1

    JEEPA's exercises include a part of shadowing and repeating conversational examples that are on the theme of daily life. If you don't get it right the first time, you can follow the steps below.

    JEEPA V2

    This process will help you connect your ears to your brain. After the exercise, you will have a speaking check to see if you can speak the content of the exercise. Talking with a Japanese coach will help you solve your    usual questions. Speaking with a native speaker will allow you to practice what you have learned                    in the exercise.

    If you are interested in JEEPA exercises, please click here.

    Have a nice day!

    Yumi