皆さん、こんにちは。

JEEPA認定英会話コーチのジョーンズです。
如何お過ごしでしょうか?
今日のメルボルン、気温は30度、晴れのお天気です。
ちょっと暑いです。
さて、今日は英語脳の作り方について、
とても上手く説明されているEnglish OsaruさんのYouTubeビデオのご紹介です。
目から鱗の内容になっているので、是非ご覧ください。
では、どうぞ。

如何でしたでしょうか?
下に私なりに大切だと思った点を挙げてみました。
英語脳の作り方
英語を英語で考える
英語は感情や場面で話す。←どの言語でも当てはまる。
①ある感情が出てきた時
②ある場面に出会った時
に条件反射で言語が出てくる。
言語を話す時、頭で考えてなくて、感情や場面によって条件反射みたいに言葉が出てくる。
感情と英文が結びつく、
ここでは日本語は介在していない
疲れたという感情=I'm tired.
英語を感情や場面で話せているという状態になっていていわゆる英語脳になっている。
これは、
日本語で話す時と同じ感覚を英語を感情を込めて音読することで、意図的にこの状態を作ることができる。
①写真などを使ってイメージする。
②場面を想像する。
如何でしたでしょうか?
感情を込めての音読、是非試してみて下さいね。
それでは、今日はこの辺で。
また来週👋
ジョーンズ
Hello, everyone.
I'm Yumi, a JEEPA certified English conversation coach.
How are you doing?
Today in Melbourne, the temperature is 30 degrees and it's sunny.
It's a bit hot.

Today I'd like to introduce you to a YouTube video by English Osaru, who explains very well how to build

an English brain.
It's very eye-opening, so please check it out.

Here it is.


How did you like it?
Below is a list of what I thought were the important points.

How to build an English brain

Think about English in English.
English is spoken with emotions and situations. ← This applies to any language.

When a certain emotion comes up

 When you encounter a certain situation, language comes out as a conditioned reflex.

When you speak a language, you don't think about it in your head, but the words come out like a conditioned reflex depending on the emotion or situation.

Emotions and English are connected.
Japanese is not involved in this process.

Example:
The emotion of tiredness = I'm tired.
You are in a state where you can speak English based on your emotions and situations, and you have what is called an English brain.

That is:
You can intentionally create this state by reading English aloud with the same feeling you have

when speaking in Japanese.

(1) Use pictures to visualize.
(2) Imagine the scene.

How did you like it?

Let's try reading aloud with emotion.

Well, that's it for today.
See you next week👋.

Yumi