英語を勉強する目標は明確になっていますか?

ブログをご覧いただきありがとうございます。JEEPA認定英会話コーチの丸山です。

前回は、3か月後に英語を使ってどうなっていたいのか、「自分の目標を決める」ということについて書きました。でも・・・

英語を勉強する目標がいまひとつ曖昧・・

という方もいるかもしれません。「英会話ができるようになれば嬉しいけど‥特に具体的な目標って‥ないんですけどぉ。」という方。じつは私がそうでした。

でもね、英会話を習得したいと考えている時点で、そこにはあなたが心を惹かれているなんらかの「想い」があるはずです。例えば、「なにか新しいことに挑戦したい。」とか、「もっと毎日を充実させたい。」とか、「多くの人と出会っていろいろ話をしたい。」とか、「英語を話すことが好き。だけど、上達している実感がないのでもっと力をつけたい。」とか。

それはあなたにとって非常に大事な部分。目標というよりさらにあなたの胸の奥にある想いですからね。一生ものの自分の「目的」とか「あり方」といってもいいでしょう。なので、そこは大切にしましょう。

英会話コーチは、あなた自身の「目標」を導き出します。

そんなあなたの「想い」を実現してゆくためには、どんな勉強を、どの様に、いつまでに、どの程度やればいいのかなどといった拠りどころがあると安心ですね(というか効果的に達成するめには必須です)。そのために明確にしておきたいのが「目標」なんです。

コーチングではコーチとの対話によって、あなたの英語に対する「想い」を具体的なものに掘り下げていき、あなた自身の「目標」を導き出します。

私たち英会話コーチのミッションは、皆さまにその目標を達成していただくこと。ですから目標をしっかり設定するお手伝いをして、そこに到達するまでの道筋を皆さまと一緒に考えます。

3か月あとの目標だけでいいの?その先は?

という疑問もありますよね。

3か月であなたは十分目標を達成するでしょう。でも「目標を達成したから、もう英会話は終わり」なんてことはありませんよね。会話すること自体が一生もんですから。その3か月で成功体験したあなたは、ご自身で次の目標を設定し何をどのように行えばいいかが分かってくるはずです。

水泳の練習に例えれば、この3か月は「例えば数メートルしか泳ぐことができなかった人が、25メートルプールの向うサイドまで泳ぎきれるようになった」段階です。これができれば後は自分次第。練習すれば何往復でも泳げるようになります。

英会話学習による究極の効果

つまり英会話を学習する人にとって、本当の目的は設定した目標のまだまだ先にあるんですね。

英語を使ってどうなりたいかという想いは人によって様々ですが、得られるものとして共通して言えることは(はい、ここから大事なことを言います)「(英)会話を練習することによって、英語だけではなく実は日本語でのコミュニケーションの質が上がること」。その結果、「生活が豊かで楽しいものになること」。さらに、仕事をしている人であれば「交渉力などのビジネススキルも上がること」。そんなところにあると思っています。私もまだまだ発達途上です(発達していると思いたい💦)。なんせ一生もんですんで。

なぜ日本語でのコミュニケーションの質を上げることになるのか。

次回は、「英語を学習することが日本語力を上げる」ということについて考えます。

 

記事のご感想や、ご質問、リクエストなどをいただけると嬉しいです。英語学習などのご相談もご遠慮なくどうぞ。
こちらのサイト☞「英会話、あなたの想いを現実に!」からお願いします。
(「JEEPAブログの問い合わせ」などとご記入いただけると助かります。)